民間資格 組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)

組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)とは?

組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)とは、社団法人組込みシステム技術協会(JASA)が実施する、組込み業界発信の組込み技術者向け試験制度であるETEC(Embedded Technology Engineer Certification;組込み技術者試験制度)の中で、JASAが最初に実施する試験。組込みソフトウェア技術者としての知識レベルの指針となるとともに、キャリア指標の一つとなることを目的としている試験です。試験(800点満点)は、正答率によりA〜Cのグレードで評価されます。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? エントリレベル:★★★☆☆(普通)。
クラス2試験は組込みソフトウェアエンジニアのエントリレベル。平均点は470点ほど。
就職は? ハードウェア系・電子システム系関連企業などが中心となります。
仕事内容は? 車載機・情報家電系・携帯電話などのハードを制御するソフトウェアの開発・評価業務などを行います。
年収は? システム・エンジニアの平均年収は547.1万円(賞与込)です。

平成28年 男性  給料


 

平成28年 女性  給料


平均年収:482.4万円
平均月収:32.6万円
平均時給:1,918円
年間賞与等:91.1万円
平均年齢:34.8歳
平均勤続年数:9.3年

 

平均年収:494.3万円
平均月収:33.8万円
平均時給:2,079円
年間賞与等:87.5万円
平均年齢:34.8歳
平均勤続年数:10.1年

(平成28年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

参考書はこちら    関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@

 資 格 概 要

受験資格

●クラス1(ミドルレベル)

ETEC組込みソフトウェア技術者試験クラス2で「500点」以上のスコアを取得された方が対象になります。

●クラス2(エントリレベル)

制限なし


試験内容

試験はCBT(Computer Based Testing)によって実施されます。

●クラス1(ミドルレベル 90問/120分)

□T分析力(仕様・設計の分析に関する問題)
  • ① 要求定義
  • ② 構造設計
  • ③ 制約・非機能要件設計
  • ④ システム検証
□U理解・表現(仕様・設計並びに管理の表現、理解に関する問題)
  • ① 要求定義
  • ② システム方式設計
  • ③ プロジェクトマネジメント

@仕様・設計ならびに管理の表現、理解に関する問題

□V知識(上記の知識を問う問題)
  • ① システム要求分析
  • ② システム方式設計
  • ③ ソフトウェア要求分析
  • ① ソフトウェア方式設計
  • ① システム結合
  • ① システム適格性確認テスト
  • ① プロジェクトマネジメント
  • ① ビジネススキル

  • 要求、設計工程、それに対応するテスト工程における知識から分析能力までの総合力
  • 現場リーダとして不可欠な、実装、QCD等の知識・能力
  • 実装の実務能力

上記3つの能力を評価ポイントとして評価し、一定以上の能力があると判断された場合に、以下の3つのグレードで評価されます。

○Strategic Director
自立的に"プロジェクトを総括・遂行できる能力が認められる。組織内での組込みソフトウェア開発の指導的推進者

○Chief Expert
上位者の支援の下、プロジェクトを管理・遂行できる能力が認められる。組織内での組込みソフトウェア開発の実践指導の中心

○Field Prefessional
上位者の支援の下、プロジェクトを管理・遂行する"潜在能力"が認められる。現場部門における組込みソフトウェア開発の専門家

再受験に関しては以下のルールがあります。
・2回目の受験
 1回目の受験日の翌日から起算して180日目以降より可能となります。


●クラス2(エントリレベル 四肢択一:120問/90分)

クラス2試験では技術要素、開発技術、管理技術の分野の知識を問います。

□技術要素

プラットフォーム

  • ① プロセッサ
  • ② 基本ソフトウェア
  • ③ 支援機能
□開発技術
  • ① ソフトウェア詳細設計
  • ② ソフトウェアコード作成とテスト
  • ③ ソフトウェア結合
  • ③ クロス開発技術
□管理技術
  • ① 品質マネジメント
  • ② 構成管理・変更管理

☆こんな問題が出ます

再受験に関しては以下のルールがあります。
・2回目の受験
 1回目の受験日の翌日から起算して30日目以降(土日含む)より可能となります。
・3回目以降の受験
 最後の受験日の翌日から起算して60日目以降(土日含む)より可能となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)

  • 許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能です。
  • 1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能です。

願書申込み受付期間

随時


試験日程

毎日実施(会場により異なります)


受験地

全国160ヶ所以上のピアソンVUE試験会場


受験料(税込み)

クラス1(ミドルレベル)・・・・21,600円
クラス2(エントリレベル)・・・・16,200円


合格発表日

受験後、その場で結果判定されますが、試験は合否判定ではなく、点数(スコア)方式となります。
スコアを含んだ証明書が受験後1ヶ月以内に受験者に届きます。


受験申込・問合せ

ピアソンVUE 120-355-583
URL: http://www.pearsonvue.com/japan/IT/etec_index.html
【試験に関するお問合せ】
お問合せ先:ETEC運営事務局(株式会社サートプロ内) 03-5821-7973

ホームページ

ETEC運営事務局


参考書・問題集

参考書はこちら    関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@


組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)に関連する資格

エンベデッドシステムスペシャリスト  android技術者認定試験