公的資格 下水道管理技術認定試験

下水道管理技術認定試験とは?

下水道管路施設の維持管理業務に従事する技術者の技術力を認定する試験です。
  名称独占  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。近年合格率は、40.0%ほど。
就職は? 建設業界、下水道管会社など。下水道に関連する各種施設の維持・管理を行う地方自治体が、民間企業への委託が増加しているため、認定試験合格者に対するニーズは高い。
仕事内容は? 下水の集配水などの下水道に関連する各種施設を維持・管理するを行う。

参考書はこちら    問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●管路施設(多肢選択式/2時間15分)

  • ① 工場排水
  • ② 維持管理
  • ③ 安全管理
  • ④ 下水道関連法規

合格基準

50問中、38〜39問以上の正解で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

身体に障害があるため、受験時、何らかの措置(車椅子の使用、試験時間中の薬の服用等)を希望される場合は、受験申込時に下記問合せ先までご連絡ください


願書申込み受付期間

6月下旬〜7月下旬頃まで


試験日程

11月第2日曜日


受験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇


受験料(税込み)

9,000円


合格発表日

12月下旬頃


受験申込・問合せ

地方共同法人 日本下水道事業団研修センター研修企画課検定担当 048-421-2076

ホームページ

地方共同法人 日本下水道事業団


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら


下水道管理技術認定試験に関連する資格

下水道技術検定