公的資格 基礎施工士

基礎施工士とは?

建設工事において極めて重要な専門分野である基礎工事のうち、場所打ちコンクリート杭工事に従事する技術者の技能を認定する資格です。資格の有効期限は5年で、更新講習会を受講しないと資格が失効するため、再取得する必要があります。
今までの資格は平成42年度(新資格発足より15年間)まで有効です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は30〜40%程度
就職は? 建築業界。良質な工事を円滑かつ安全に施工する技士の需要は高く、就・転職に有利です。
仕事内容は? コンクリート杭を打つための計画および土質の調査のほか工事を安全に進める指導および監督を行います。

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

  1. 大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。
  2. 大学卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。
  3. 短大、高専の指定学科を卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。
  4. 短大、高専のを卒業後、実務経験3年6ヶ月以上の者。
  5. 高校の指定学科を卒業後、実務経験3年6ヶ月以上の者。
  6. 高校を卒業後、実務経験5年6ヶ月以上の者。
  7. 中学卒業後、実務経験、8年以上の者。

  • (1) 実務経験年数:基礎工事に関する経験のすべてをいいます。上記経験年数の計算は試験当日での年数とします。
  • (2) 指定学科:土木工学 ( 農業土木、鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)、建築学、機械工学、衛生工学、建設学、建設基礎工学、電気工学、地学、地質学、資源工学、衛生工学、交通工学、安全工学、環境保全工学、計測工学など。

試験内容

択一式(60問)及び記述式問題(2問)。

  • ① 設計
  • ② 地盤
  • ③ 労働安全衛生法
  • ④ 環境法令(騒音、振動など)
  • ⑤ 主材料
  • ⑥ 施工など

択一式問題と、場所打ちコンクリート杭工事・既製コンクリート杭工事の経験を主とした記述式問題とでなっています。

選択問題については、
場所打ちコンクリート杭問題(18問)または、既製コンクリート杭問題(18問)
のいずれかを選択します。


合格基準

択一式、記述式とも、60%以上の正答率で合格となります。


願書申込み受付期間

9月上旬〜10月下旬頃まで


試験日程

11月中旬頃


受験地

札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡


受験料(税込み)

協会員:16,500(非会員:19,500円 )


合格発表日

試験日から2ヶ月以内。


合格後の更新について

資格の有効期限は5年です。資格の更新は、有効期限終了年度に開催される更新講習会の受講する必要があります。(新資格の更新講習は平成32年度から実施)
更新講習会を受講しなかったときは、「基礎施工士」の資格は失効し、再度、本資格を取得するためには、新たに受験しなおす必要があります。

平成26年までに取得した基礎施工しに関しては、資格発足より15年間(平成42年度まで)有効となりますが、平成28年度より15年間で新資格を取得しなければ、現行の「基礎施工士」資格は失効となります。平成28年〜42年の15年間新資格への移行試験が行われます。
新「基礎施工士」検定試験について(pdf)


受験申込・問合せ

  • 一般社団法人 日本基礎建設協会 本部事務局 03-3551-7018
  • 一般社団法人 日本基礎建設協会 中部支部 052-322-5796
  • 一般社団法人 日本基礎建設協会 関西支部 06-6452-5752
  • 一般社団法人 日本基礎建設協会 中国支部 082-247-2541
  • 一般社団法人 日本基礎建設協会 九州支部 092-707-4191

ホームページ

一般社団法人 日本基礎建設協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


基礎施工士に関連する資格

管工事施工管理技士  建築施工管理技士  建築士