公的資格 工業英語能力検定

工業英語能力検定とは?

工業製品についての専門知識を持ち、正確な英語で表現する能力を認定する資格です。
  コンビニで申込みできる資格

その他情報

難易度は? 1級:★★★★☆(やや難しい)。2級:★★★☆☆(普通)。
3級・4級:★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、1級:10%、2級:40%、3級:45%、4級:61%ほど。
エンジニア関係者は準2級以上を取得しておきたい。
就職は? 工業製品を扱う企業など。近年、工業英検合格者に単位を認定する学校が増加しており、技術者を対象に企業内研修の一環として、工業英語の教育から工業英検の取得までを実施している企業が増えてきています。3級以上を取得しておくと就職にも有利です。
仕事内容は? 企業内で技術的な翻訳、通訳のほか、独立して工業英語専門の翻訳家として活躍することも可能です。 受験資格

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●1級(120分)

□1次試験
  • ① 英文和訳
  • ② 和文英訳
  • ③ 修辞
□2次試験・・・・リスニングテスト

●2級(全問記述式/100分)

  • ① 英文和訳
  • ② 和文英訳
  • ③ 修辞(全問記述)

●準2級(記述50%、マークシート50%/80分)

  • ① 英文和訳
  • ② 和文英訳
  • ③ 適語補充
  • ④ 修辞

●3級(全問マークシート/70分)

  • ① 英文和訳
  • ② 和文英訳(短文)
  • ③ 適語補充
  • ④ 単語問題

●4級(全問マークシート/60分)

  • ① 英文和訳(単文)
  • ② 適語補充
  • ③ 単語問題

1級・2級は辞書・辞典を2冊まで持ち込み可。


合格基準

●1級

一次:満点中、70%以上の得点率で合格となります。
二次:満点中、60%以上の得点率で合格となります。

●2級〜4級

満点中、60%以上の得点率で合格となります。


免除(科目等)について

1級1次試験のみの合格者は、次回試験に限り1次試験が免除されます。
(検定料は15,000円)


願書申込み受付期間

●1級

@3月上旬〜4月下旬頃まで
B9月上旬〜10月中旬頃まで

●2級

A6月上旬〜7月中旬頃まで
C12月上旬〜1月中旬頃まで

●準2級〜4級

@3月上旬〜4月下旬頃まで
A6月上旬〜7月中旬頃まで
B9月上旬〜10月中旬頃まで
C12月上旬〜1月中旬頃まで


試験日程

●1級

□1次試験・・・・@5月下旬頃、B11月中旬頃
□2次試験・・・・@6月中旬頃、B12月上旬頃

●2級

A7月下旬頃
C1月下旬頃

●準2級〜4級

@5月下旬頃、A7月下旬頃、B11月中旬頃、C1月下旬頃


受験地

●1級

□1次試験・・・・東京、名古屋、大阪、福岡
□2次試験・・・・東京、大阪

●2級〜4級・・・・全国各地(約24箇所)で実施

@5月(春期)試験

札幌、仙台、福島、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、名古屋、三重、大阪、
神戸、和歌山、鳥取、広島、福岡、長崎、熊本、大分、鹿児島

A7月(夏期)試験

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、長崎、鹿児島

B11月(秋期)試験

札幌、青森、仙台、福島、千葉、東京、神奈川、富山、愛知、三重、京都、
大阪、兵庫、和歌山、鳥取、広島、愛媛、福岡、長崎、熊本、大分、鹿児島

C1月(冬期)試験

札幌、仙台、千葉、東京、名古屋、大阪、神戸、鳥取、広島、福岡、長崎、鹿児島、沖縄


受験料(税込み)

●1級・・・・15,000円
●2級・・・・6,400円
●準2級・・・・5,600円
●3級・・・・4,600円
●4級・・・・2,000円
(複数級の併願可)


合格発表日

●1級

□1次試験・・・・11月末
□2次試験・・・・実施先まで、お問い合わせください。

●2級〜4級・・・・試験日の約1ヶ月後


受験申込・問合せ

公益社団法人 日本工業英語協会 03-3434-2350

ホームページ

公益社団法人 日本工業英語協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


工業英語能力検定に関連する資格

日商ビジネス英語検定試験  BETA