公的資格 日商マスター

日商マスターとは?

日商マスターとは、日本商工会議所が主催のビジネス文章作成・ビジネスデータ処理に関する幅広い知識をもつ指導者を認定するための資格です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★★★☆(やや難しい)。近年合格率は5〜6%程度。
ITスクール講師やインストラクターなどの経験者が各種研修会と200時間の教育実務経験者でも狭き門です。
就職は? パソコンスクールや、インストラクターなど。就職に関しては教育関連企業ならこの資格だけでも相当有力です。。難関の資格だが、知名度がまだまだ低いので一般企業には?。
仕事内容は? ITスクールの講師、インストラクターとして、日本語文章の正確な活用法とビジネス文章の作成法などの教育を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

日商PCプロフェッショナル認定証を取得すること
日商PCプロフェッショナル認定証を取得(手数料無料)するためには、日商PC検定の「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」の3分野すべてにおいて、2級以上に合格する必要があります。
日商PCプロフェッショナル認定証の申請フォームはこちら


試験内容

●集合研修(年1回、2日間)


●必要書類を提出する(第1次試験)

  • ① 指導実績リスト・指導実績レポート提出

※日商簿記3級以上・電子会計実務検定初級以上の取得


●面接試験(第2次試験)

  • ① 指導実績リスト・レポートの内容について問い
  • ② 指導者としての問題解決力や実践力

願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


試験日程

●集合研修・・・・11月下旬頃
●1次試験・・・・1月中旬頃
●2次試験・・・・2月下旬〜3月上旬頃


受験地

●集合研修・・・・東京
●1次試験・・・・郵送
●2次試験・・・・日本商工会議所
(2次試験については、都合により、来場できない場合は、スカイプによる面接試験も可能)


受験料(税込み)

●集合研修・・・・15,000円
●レポート提出・面接試験・・・・10,290円


合格発表日

●1次試験・・・・1月下旬頃
●2次試験・・・・3月中旬頃


合格後の更新について

日商マスターの有効期間は3年間です。
更新するためには、定められた期間に日本商工会議所指定の研修会・講習に1度以上参加する必要があります。更新を行わない場合は、資格が失効します。
ただし、求職等の事情により、資格の更新を保留(3年間)する場合は、「保留申請書」を日本商工会議所 日商マスター担当宛てに郵送して下さい。


受験申込・問合せ

日本商工会議所 03-5777-8600

ホームページ

日本商工会議所


参考書・問題集

関連書籍はこちら


日商マスターに関連する資格

日商PC検定試験  簿記検定  リテールマーケティング(販売士)検定試験