公的資格 赤外線建物診断技能師

赤外線建物診断技能師とは?

赤外線建物診断技能師とは、建物の外壁の浮き・剥離、雨漏りにおける外壁・内壁内の雨水の滞留状況を赤外線サーモグラフィーにより診断し、その後の改修箇所や改修方法等の適切なアドバイス・示唆をします。赤外線診断は、雨漏りに対し外壁・内壁内の雨水滞留状況を把握することができ、雨漏り再発を繰り返す依頼にも対応することが可能です。住宅のトラブル相談で一番件数の多いのが雨漏りです。リフォーム市場においても普遍的に需要が多い分野の資格です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は研修受講者で90%程度。研修を受けずに受験することも可能。また、平成24年4月より赤外線建物診断技能師の研修を受講すれば、建築士のCPDの単位(6単位)が取得できるようになりました。
勉強時間は? 勉強時間は講習で7時間。講習を受講するのが資格取得の早道です。
就職は? 大手ハウスメーカーの新築やリフォームを担当される方も多く取得しており、住まい関係、特にリフォーム、改修分野に携わる仕事を目指される方にとっては、アピールできる資格です。
仕事内容は? 戸建・マンション等の雨漏りの原因・雨水の浸入ルートの特定等の診断、マンション大規模改修前の外壁の劣化状況の診断、特殊建築物の定期報告制度における外壁診断等において、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイスを行ないます。一般社団法人街と暮らし環境再生機構が活動のサポートを行っています。

 資 格 概 要

受験資格

制限無し


試験内容

30問/120分(主に選択式、一部記述式あり。)

  • ① 日本における建築物と建物診断
  • ② 赤外線診断調査の歴史と現状、応用例
  • ③ 建築の基礎知識
  • ④ 赤外線カメラを使用した赤外線診断手法
  • ⑤ 赤外線カメラを使用した赤外線診断実務
  • ⑥ 建築基準法改正に伴う特殊構築物定期報告の変更と注意点
  • ⑦ 長期修繕計画について
  • ⑧ 赤外線判断の進め方と注意点

@〜Gの詳細は以下の通りとなります。


□赤外線建物診断とは
  • ① 赤外線建物診断の現状と実例
  • ② 赤外線診断応用例
  • ③ 赤外線建物診断技能師とは
□建築の基礎知識
  • ① 工法・構造、建物の劣化と防水の基礎知識
  • ② 建物の劣化と防水の基礎知識及び漏水診断のメカニズム
□建築基準法改正に伴う特殊建築物定期報告
□赤外線サーモグラフィを使用した赤外線診断手法
  • ① 赤外線サーモグラフィの原理
  • ② 赤外線調査における診断のメカニズム
  • ③ 他の手法との比較、優位性
  • ④ 赤外線調査の限界と今後の課題
□赤外線サーモグラフィを使用した赤外線建物診断実務
  • ① 赤外線サーモグラフィー概要・利用方法
  • ② 診断実務フロー:現地撮影〜画像解析・診断〜調査報告書作成
  • ③ 事前調査・誤診の注意点
□赤外線診断の進め方と注意点

合格基準

満点中、7割以上の得点で合格となります。


願書申込み受付期間

各地、試験日の1週間前まで
詳しくは実施団体HPをご覧下さい。


試験日程

●赤外線建物診断技能師試験

東京は2ヶ月ごとに開催(2月、4月、6月、8月、10月、12月)
大阪、名古屋は、各年3回開催(大阪1月、5月、9月、名古屋3月、9月、11月)


●赤外線建物診断技能師研修

東京は2ヶ月ごとに開催(2月、4月、6月、8月、10月、12月)
大阪、名古屋は、各年3回開催(大阪1月、5月、9月、名古屋3月、9月、11月)


受験地

札幌、新潟、仙台、大阪、名古屋、博多


受験料(税込み)

●赤外線建物診断技能師試験受験料

13,000円
(1回目の試験に不合格の場合、2回目以降の受験料は、8,500円)


●赤外線建物診断技能師研修受講料(公式テキスト代、消費税込み)

一般:30,240円
TERS正会員:24,840円
TERS一般員:28,080円


合格発表日

●赤外線建物診断技能師試験

試験日より約1ヶ月後
合格者は、認定料2,000円が別途必要になります。


合格後の更新について

赤外線建物診断技能師の有効期間は2年間です。
更新するためには、有効期限内に更新料5,000円を納付する必要があります。


受験申込・問合せ

一般社団法人 街と暮らし環境再生機構 044-201-7411
一般財団法人 職業技能振興会 03-3353-9181

ホームページ

一般社団法人 街と暮らし環境再生機構
一般財団法人 職業技能振興会


赤外線建物診断技能師に関連する資格

建築士  建築施工管理技士  宅地建物取引士