民間資格 メンタルヘルスケア検定

メンタルヘルスケア検定とは?

メンタルヘルスケア検定試験とは、職場内で起こるの心の問題に対し、専門的で的確なサポートが行えるよう、メンタルヘルスに関わる一般知識とサポート力を身に付けてもらい、元気な職場づくりを目指す検定試験です。
  インターネットで申し込める資格  

その他情報

難易度は? 1級、準1級:★★☆☆☆(やや易しい)。、2級、3級:★☆☆☆☆(やさしい)。
就職は? 就職での活用は難しいですが、企業の人事担当者や管理職、また職場リーダーに必要なノウハウが得られます。また普段の人間関係においても役立つ資格です。
仕事内容は? 働く人たちの心の病に対するメンタルヘルスケア、メンタルヘルスケア推進者の育成やカウンセラー育成を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限無し


試験内容

●1級

□学科(65問/80分)

メンタルヘルスケアのプロとして、知識・行動ともに経営の立場からも考えることができる。

□実技

シチュエーション問題に対する対応をグループおよび個人での口頭試問。

●準1級

□学科(65問/80分)

メンタルヘルスに関わる相談時の対応が十分にでき、適切な判断の能力を知識だけでなく行動できる。

□実技

シチュエーション問題に対する対応をグループおよび個人での口頭試問。

●2級

□学科(50問/60分)

ストレスが多い分野での心のサポートができるコミュニケーションの能力の基本。

●3級

□学科(50問/60分)

ストレスケア法、メンタルヘルス不調者の行動や考え方など早期発見のポイントが判断できる。

☆こんな問題が出ます


合格基準

●1級

□筆記試験:100点満点中、75点以上で合格となります。
□実技試験:シチュエーションに基づくロールプレイング実技を合計して
         60%以上のポイント取得が目安

●準1級

□筆記試験:100点満点中、70点以上で合格となります。
□実技試験:シチュエーション実技(絶対評価)を合計して
         60%以上のポイント取得が目安

●2級・・・・100点満点中、70点以上で合格となります。
●3級・・・・100点満点中、70点以上が合格の目安


免除(科目等)について

●1級、準1級

筆記(一次)試験のみ合格した者は、試験後1年間に限り、筆記(一次)試験が免除されます。


願書申込み受付期間

@9月下旬〜1月下旬頃まで
A1月下旬〜5月下旬頃まで
B5月下旬〜9月下旬頃まで(年3回)


試験日程

□筆記試験(1級一次〜3級)

@2月下旬頃
A6月下旬頃
B10月中旬頃

□実技試験(1級、準1級)

@3月中旬頃
A7月中旬頃
B11月中旬頃


受験地

□筆記試験(1級一次〜3級)

東京、名古屋、大阪、福岡

□実技試験(1級・準1級)

東京、大阪


受験料(税込み)

●1級・・・・12,000円
●準1級・・・・9,000円
●2級・・・・7,000円
●3級・・・・5,000円


合格発表日

試験日から約3週間後


受験申込・問合せ

NPO法人日本メンタルへルスケアサポート協会 大阪本部 06-6372-9679

ホームページ

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会 メンタルヘルスケア検定


参考書・問題集

関連書籍はこちら


メンタルヘルスケア検定に関連する資格

公認心理師  ヘルスケアプランナー検定  メンタルヘルス・マネジメント検定試験


メンタルヘルスケア検定

 がとれる通信教育・スクール

将来役立つ資格、趣味の資格。身につく教養講座まで、全部で100講座以上開校している通信講座の巨人。  詳しく・・・