民間資格 営業力強化検定

営業力強化検定とは?

営業力強化検定とは、営業担当者として営業活動を行う際に必要な基本知識の体系的・網羅的な理解度、日々の営業活動や顧客サポート活動の中で基本知識を実践し、活用できる力を認定する資格です。
(クレジットカード払いはWEBテストのみ。団体受験は、銀行、コンビニで振込となります。)
  自宅・ネットで取れる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
団体試験の合格率は88%ほど
就職は? 様々な業界における営業職全般。ビジネスマナーやコミュニケーション、提案書の作成方法なども出題内容に含まれるため、営業はもちろん、営業以外の職種にも役立つ資格です。
仕事内容は? あらゆる場面において、「顧客の立場」から 考えた営業活動を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●WEBテスト・・・・制限なし
●団体試験・・・・

教育機関(大学・短期大学・専門学校・高校・職業訓練校・スクール等)、各種法人、企業等の団体であること。


試験内容

(50問/50分)

□営業理論
  • ① 企業活動の目的
  • ② 営業パーソンの役割
  • ③ 営業パーソンのマインド
  • ④ 目標設定
  • ⑤ 活動計画策定
  • ⑥ 自社の商品・サービス
  • ⑦ 競合他社の商品・サービス
  • ⑧ マーケティングの概念
  • ⑨ マーケティングの構成要素
  • ⑩ マーケティング戦略
  • ⑪ 顧客の購買行動
  • ⑫ 顧客ニーズ
  • ⑬ 顧客満足度
□営業技術
  • ① 心構え
  • ② ビジネスマナー
  • ③ セールスマナー
  • ④ 準備
  • ⑤ アプローチ
  • ⑥ ヒアリング
  • ⑦ プレゼンテーション
  • ⑧ クロージング
  • ⑨ フォロー
  • ⑩ アフターセールス
  • ⑪ コミュニケーションスキル
  • ⑫ ヒアリングスキル
  • ⑬ 提案書の考え方
  • ⑭ 提案書の作成方法
  • ⑮ 提案内容の伝え方
  • ⑯ 情報発信
  • ⑰ 販売促進手法
  • ⑱ クレームの考え方
  • ⑲ クレーム対応
  • ⑳ クレーム活用
□営業管理
  • ① 顧客情報管理(個人情報保護法)
  • ② 顧客情報の活用

合格基準

WEBテストには合否判定がなく、正答率レーダーチャートが表示されます。
団体試験には合否判定が有り、正答率70%以上で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

障害の状態と、個別に状況をお伺いし、会場の状況を判断するため、申込前に事務局までご連絡下さい。


願書申込み受付期間

●WEBテスト

随時

●団体試験

試験日の2週間前まで


試験日程

●WEBテスト

随時

●団体試験

実施団体のご都合に合わせて自由な時間で試験を行うことが可能です。
※試験日の2週間前までに団体受験申込を行ってください。


受験地

●WEBテスト・・・・自宅及びネットのある環境で受験できます。
●団体試験・・・・団体の設置・保有する施設


受験料

●WEBテスト・・・・1,000円
●団体試験・・・・4,800円(Webテストは2,700円)
(団体試験は1試験1回につき受験申込手続料2,100円が、別途必要)


合格発表日

●WEBテスト・・・・試験終了後、即時
●団体試験・・・・答案・試験データ到着後、約3週間を目処


受験申込・問合せ

株式会社サーティファイ認定試験事務局 0120-031-749

ホームページ

ビジネス能力認定サーティファイ


参考書・問題集

関連書籍はこちら


営業力強化検定に関連する資格

セールススキル検定試験  コミュニケーション検定  PRプランナー資格認定制度