民間資格 IFRS検定(国際会計基準検定)試験

IFRS検定(国際会計基準検定)試験とは?

IFRS検定(国際会計基準検定)試験とは、世界の100以上の国で現在使用され、あるいは将来使用される予定の、広く普及している国際会計基準(IFRS)の広範な知識と理解力を測る認定試験です。IFRS適用国を中心に,広く国際的な知名度がある試験です。
  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。
近年合格率は、46.7%ほど。内容は、CIA(公認内部監査人)試験などと同様、広く浅く基本知識や論点が問われます。
就職は? 企業における経理部門。国際的に通用する資格であり、求人も比較的多く、マネージャークラスなど責任者として採用する傾向があります。難易度もさほど高くないので、この資格だけでも就職は可能ですが、簿記上位級と取得することで、さらに有利に働くでしょう。
仕事内容は? 単体決算業務、連結決算業務、税務業務 、売掛金、買掛金管理業務などの通常会計業務に合せて、実務処理体系立案、規程整備、一般職のマネージメント業務等も主ないます。

この資格の書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

制限無し


試験内容

(マークシート:60問/2時間)

  • 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク
  • IAS1:財務諸表の表示
  • IAS2:棚卸資産
  • IAS7:キャッシュフロー計算書
  • IAS8:会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬
  • IAS10:後発事象
  • IAS11:工事契約
  • IAS12:法人所得税
  • IAS16:有形固定資産
  • IAS17:リース
  • IAS18:収益
  • IAS19:従業員給付
  • IAS20:政府補助金の会計処理及び政府援助の開示
  • IAS21:外国為替レート変動の影響
  • IAS23:借入費用
  • IAS24:関連当事者についての開示
  • IAS26:退職給付制度の会計及び報告
  • IAS27:個別財務諸表
  • IAS28:関連会社及び共同支配企業に対する投資
  • IAS29:超インフレ経済下における財務報告
  • IAS32:金融商品:表示
  • IAS33:1株当たり利益
  • IAS34:期中財務報告
  • IAS36:資産の減損
  • IAS37:引当金、偶発負債及び偶発資産
  • IAS38:無形資産
  • IAS40:投資不動産
  • IAS41:農業
  • IFRS1:国際財務報告基準の初度適用
  • IFRS2:株式に基づく報酬
  • IFRS3:企業結合
  • IFRS4:保険契約
  • IFRS5:売却目的で保有する非流動資産及び廃止事業
  • IFRS6:鉱物資源の探査及び評価
  • IFRS7:金融商品:開示
  • IFRS8:事業セグメント
  • IFRS9:金融商品
  • IFRS10:連結財務諸表
  • IFRS11:共同支配の取決め
  • IFRS12:他の企業への関与の開示
  • IFRS13:公正価値測定

合格基準

満点中、60%以上の正答率で合格となります。


願書申込み受付期間

@10月下旬〜11月中旬頃まで
A2月上旬〜下旬頃まで
B4月下旬〜5月中旬頃まで
C7月中旬〜8月上旬頃まで


試験日程

@12月中旬頃
A3月下旬頃
B6月中旬頃
C9月上旬頃(年4回)
(注)実施回数、及び実施月に関しては変更が入る可能性があります。


受験地

東京、大阪


受験料

通常価格:46,440円
早期割引価格:39,960円(先着30名)


合格発表日

試験日から1ヶ月〜1.5ヶ月後


受験申込・問合せ

IFRSコンソーシアム事務局 IFRS検定係 03-3299-3130

ホームページ

IFRSコンソーシアム事務局 IFRS検定係


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


IFRS検定(国際会計基準検定)試験に関連する資格

BATIC(国際会計)検定試験  簿記検定  簿記能力検定