民間資格 准メンタルケア心理専門士™認定試験

准メンタルケア心理専門士™認定試験とは?

准メンタルケア心理専門士™認定試験とは、医療・福祉・教育・産業・公共サービス等での相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる応用能力のうち、一定の知識基準を認定する資格です。
  自宅・ネットで取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。近年合格率は54.6%ほど。
就職は? マネジメントを必要とするあらゆる企業・職場が対象ですが、メンタルヘルス自体の知名度が低いためこの資格だけで就職するのは難しい。人事系の資格や臨床心理士と合せて取得するのがよいでしょう。
仕事内容は? 働く人たちの心の病を未然に防ぎ、悩んでいる人への早期のカウンセリング、自身のケア、メンタルヘルスケア人材の育成などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

以下のいずれかに該当する者<併願不可>

  1. メンタルケア心理士(R)認定試験合格者
  2. 臨床心理士資格保有者
  3. 心理隣接研究・専攻科修士
    (審査には書類到着から7営業日ほど要します)
    <※該当受験希望者は学位証明書と履修証明書(いずれもコピー)を提出後、審査を行います。>

試験内容

●学科(25問)

□精神医科学緒論
  • ① 検査学
  • 知能指数、知能検査、質問紙法、投影法、臨床検査知識(EEG・CT・MRI)
  • ② 事例検証
  • ③ 処方せん学

□面接技法(カウンセリング技法)
  • ① 看護とカウンセリング
  • ② コミュニケーション方法
  • ③ 心理アセスメント(調査・査定)
  • ④ 守秘義務等・倫理
  • ⑤ カウンセリングの準備(視線と椅子の座り方)
  • ⑥ インテーク面接(初回面接または受理面接)
  • ⑦ ラポートと共感

□応用生活心理学
  • ① 発達課題とストレッサー
  • 家庭環境と発達心理学、発達課題と心理的ストレッサー
  • ② 家庭内心理学:生活の役割
  • ③ 時間的流れから見た心理:胎児から青年へ

□カウンセリング技法(心理療法)
  • ① 認知療法
  • ② 論理療法
  • ③ 交流分析
  • ④ 遊戯療法
  • ⑤ 内観療法
  • ⑥ ピア・カウンセリング
  • ⑦ 臨床動作法
  • ⑧ 心理劇(サイコドラマ)
  • ⑨ 意味療法
  • ⑩ ヘルスカウンセリング

□精神予防政策学
  • ① 精神予防政策学
  • 精神衛生について、健康の定義、病気の定義、
      精神衛生の援助サービス方法
  • ② 社会と人
  • ③ 精神疾患予防に関わる職域
  • ④ 職場における心的環境整備
  • ⑤ 精神科リハビリテーション概要

合格基準

実施回毎の受験者偏差値55以上または、8割以上の正答率で合格となります。


願書申込み受付期間

@2月上旬〜下旬頃まで
A4月中旬〜5月下旬頃まで
B7月下旬〜8月中旬頃まで
C10月上旬〜11月上旬頃まで(年4回)


試験日程

@5月中旬頃
A8月上旬頃
B10月下旬頃
C1月下旬頃(年4回)


受験地

在宅試験


受験料(税込み)

7,700円


合格発表日

@5月中旬頃
A8月上旬頃
B10月中旬頃
C1月下旬頃

※認定証書発行手数料:3,100円


受験申込・問合せ

日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術協会 03-5326-7785

ホームページ

日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


准メンタルケア心理専門士™認定試験に関連する資格

公認心理師  産業カウンセラー  メンタルケア心理士®認定試験  臨床心理士


准メンタルケア心理専門士™認定試験

 がとれる通信教育・スクール

医療・心理系のスペシャリスト養成校が開講する通信講座。学習相談サポートや添削サポートはもちろん、学習計画の見直しが出来る無料受講延長などでがっちりサポート。


資格取得、就・転職やキャリアアップに役立つ資格取得講座から趣味・実用に関する講座までたくさんの通信講座を開講しています。  詳しく・・・


将来役立つ資格、趣味の資格。身につく教養講座まで、全部で100講座以上開校している通信講座の巨人。  詳しく・・・


多数の実績をもつ、四谷学院が運営する通信講座。ノウハウ満載のカリキュラムやオリジナルの55段階プログラムで合格までバックアップ


資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・


「社会人が実践で役立つことを学ぶ大学」です。通信教育課程は、実際に企業が研修で使用しているテキストを多数
 採用しています。