民間資格 情報システム・コンサルタント資格認定試験

情報システム・コンサルタント資格認定試験(ISC)とは?

情報システム・コンサルタント資格認定試験(ISC)とは、情報システム・コンサルタントの育成、業務の定着と社会的地位の向上を目的とした認定試験です。
第2次試験に合格した者は、認定の申請手続きをとることにより、情報システム・コンサルタントとして認定者原簿に登録され、認定書が交付されます。

その他情報

難易度は? ★★★★☆(やや難しい)。合格率は70%ほど
就職は? 会計事務所、監査法人、情報システム関連企業、保険業界など。米国公認会計士(CPA)や公認内部監査人(CIA)と合わせて取得すると、外資系企業のすべての業種および、金融・保険・コンサルタントの国内企業では必要とされています。
仕事内容は? 会社のリスク・マネジメント、コントロール及びガバナンス・プロセスについての内部監査業務・指導業務などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

情報システムに関する業務に10年以上従事した者


試験内容

●1次試験

□書類審査

協会へ業務経歴書を提出し、それをもとに受験資格の有無、実績、適正を行う

□論文審査

情報システムの知識や考え方、問題意識能力を問う(200字詰原稿用紙30枚以上)



論文審査は永年にわたって積み重ねられた経験や研究の成果などをもとにして自分自身の情報システムについての知識や考え方、問題意識、主張などを文章によって論理的に説明する能力を判定するために行うものです。テーマは自由で、既発表のものでも結構ですが、以下のいずれかが内容に含まれているものとします。

  • IT(情報技術)の今後の発展に寄与するような意見、提言
  • 情報コンサルタントとしての今後の抱負
  • これからの社会と自分との関わり、常日頃主張したいこと

また、既発表の論文は3年以内に発表されたもので、単独執筆のものに限ります。
論文の分量は6,000文字以上。補助論文を添付することも可
論文には800文字以内の要約を添付
論文および要約は、それぞれ1部を提出


●2次試験

□面接審査・・・・コンサルテーション能力、コンサルタント適正に関する質問

願書申込み受付期間

@3月上旬頃まで
A9月上旬頃まで

提出書類(ダウンロードして記入の上、電子メールに添付して送付)

上記書類を提出された方に、受験料振込口座を連絡致します。


試験日程

●1次試験(書類・論文)

@3月末
A9月末(論文提出締切日)
論文提出先はisc-exam@jisca.jp


●2次試験(面接審査)

@6月上旬頃
A12月上旬頃


受験地

●1次試験・・・・協会に提出
●2次試験・・・・東京事務所にて実施


受験料(税込み)

10,800円(別途認定料10,800円が必要)


合格発表日

合否は各々受験者に通知。


受験申込・問合せ

日本情報システム・コンサルタント協会 事務局 03-5858-9211
E-mail:isc-exam@jisca.jp

ホームページ

特定非営利活動法人 日本情報システム・コンサルタント協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


情報システム・コンサルタント資格認定試験に関連する資格

システム監査技術者  ITストラテジスト  公認情報システム監査人