民間資格 マイナンバー実務検定

マイナンバー実務検定とは?

マイナンバー実務検定とは、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく制度を理解、保護し、適正な取り扱いをするための知識を認定する検定試験です。
(マイナンバー実務検定1級(平成28年1月スタート予定)と個人情報保護士認定試験を取得することでマイナンバー管理士と認定されます。)
  インターネットで申し込める資格

その他情報

難易度は? 1級、2級:★★☆☆☆(やや易しい)。
3級:★☆☆☆☆(やさしい)。
3級の合格基準は70%以上の正答率ですが、1級、2級に関しては80%以上の正答率となっており、厳しめとなっています。そのため合格するためには取りこぼしのないようにしっかりと対策しておく必要があります。近年合格率は、2級:57.4%、3級:83.5%
就職は? この資格だけで就職を狙うのは無理ですが、企業において重点を置いているインターネット上の情報漏洩、不適切な利用などにおける企業のイメージダウンを防止する上でも、就職時などにこの資格を持っていることで、情報におけるセキュリティ意識の高さをアピールすることができます。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●1級(マークシート/120分)

  • ① 番号法の成立の経緯・背景
  • ② 番号法の概要
  • ③ 個人番号・カードの管理
  • ④ 特定個人情報
  • ⑤ 情報提供ネットワークシステム
  • ⑥ 地方公共団体・行政機関・独立行政法人等と番号法
  • ⑦ 法人番号
  • ⑧ 罰則
  • ⑨ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン
  • ⑩ 関連法令等

●2級(マークシート/90分)

  • ① 番号法の成立の経緯・背景
  • ② 番号法の概要
  • ③ 個人番号・カードの管理
  • ④ 特定個人情報
  • ⑤ 情報提供ネットワークシステム
  • ⑥ 地方公共団体・行政機関・独立行政法人等と番号法
  • ⑦ 法人番号
  • ⑧ 罰則
  • ⑨ 関連法令等

●3級(マークシート/60分)

  • ① 番号法成立の経緯・背景
  • ② 番号法の概要
  • ③ 個人と番号法
  • ④ 民間企業と番号法
  • ⑤ 地方公共団体・行政機関・独立行政法人等と番号法
  • ⑥ 番号法のこれから
  • ⑦ 罰則
  • ⑧ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン
  • ⑨ 関連法令等

☆こんな問題が出ます



合格基準

●1級:80問中、80%以上の正当率で合格となります。
●2級:60問中、80%以上の正当率で合格となります。
●3級:50問中、80%以上の正当率で合格となります。


願書申込み受付期間

試験実施日の4か月前頃〜1か月前頃


試験日程

  • ① 6月上旬頃
  • ② 9月中旬頃
  • ③ 12月中旬頃
  • ④ 3月上旬頃(年4回)

受験地

札幌、仙台、新潟、金沢、東京、神奈川、栃木、群馬、埼玉、千葉、静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、奈良、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、熊本、鹿児島、沖縄
(開催日により開催予定地が違います。詳しくは実施団体HPをご覧下さい。)


受験料(税込み)

●1級・・・・10,800円
●2級・・・・8,640円
●3級・・・・6,480円

  • 1級と2級および、2級と3級の併願が可能です。
  • 10名以上で団体割引があります

合格発表日

試験後、約1ヶ月後


受験申込・問合せ

一般財団法人 全日本情報学習振興協会 03-5276-0030

ホームページ

一般財団法人 全日本情報学習振興協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


マイナンバー実務検定に関連する資格

個人情報保護士認定試験  個人情報保護実務検定