民間資格 日本語教育能力検定

日本語教育能力検定とは?

日本語教育能力検定とは、日本語教員となるために学習している者、日本語教員として教育に携わっている者を対象として、日本語教育の実践につながる体系的な知識が基礎的な水準に達しているかどうか、状況に応じてそれらの知識を関連づけ多様な現場に対応する能力が基礎的な水準に達しているかどうかを認定する資格です。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。近年合格率は、23.5%ほど。
就職は? 日本語学校講師、各種交流団体でのボランティアなど。経済や文化のグローバル化に伴い、日本語学習者は増加しているため、教育者としてのニーズも多く、将来性も高いと思われます。

関連書籍はこちら    スクールを探してみる

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●試験の構成
試験I 90分 100点 原則として、出題範囲の区分ごとの設問により、日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する。
試験II 30分 40点 試験Tで求められる「基礎的な知識」および試験Vで求められる「基礎的な問題解決能力」について、音声を媒体とした出題形式で測定する。
試験III 120分 100点 原則として出題範囲の区分横断的な設問により、熟練した日本語教員の有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力を測定する。


●試験内容

1.社会・文化・地域

@世界と日本、A異文化接触、B日本語教育の歴史と現状、
C日本語教員の資質・能力

2.言語と社会

@言語と社会の関係、A言語使用と社会、B異文化コミュニケーションと社会

3.言語と心理

@言語理解の過程、A言語習得・発達、B異文化理解と心理

4.言語と教育

@言語教育法・実技(実習)、A異文化間教育・コミュニケーション教育、
B言語教育と情報

5.言語一般

@言語の構造一般、A日本語の構造、Bコミュニケーション能力


合格基準

240点満点中、おおよそ68〜70%(163〜168点)以上の得点で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

受験上特別な措置が必要な場合は、願書提出前に本協会へ電話(03−5454−5215)で連絡してください。可能な限り対応してもらえます。


願書申込み受付期間

6月下旬〜8月中旬頃まで


試験日程

10月下旬頃


受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡


受験料(税込み)

10,600円


合格発表日

12月中旬頃


受験申込・問合せ

公益財団法人 日本国際教育支援協会 日本語教育普及課 検定係
03-5454-5215

ホームページ

公益財団法人 日本国際教育支援協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら    スクールを探してみる


日本語教育能力検定に関連する資格

TOEICテスト  TOEFL  国際連合公用語英語検定


日本語教育能力検定

 がとれる通信教育・スクール

資格取得、就・転職やキャリアアップに役立つ資格取得講座から趣味・実用に関する講座までたくさんの通信講座を開講しています。  詳しく・・・


資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・