民間資格 証券アナリスト

証券アナリストとは?

証券投資の分野において、高度の専門知識と報収集・分析・評価および多様な投資意思などを応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを行う能力を認定する資格です。
  インターネットで申し込める資格  

その他情報

難易度は? ★★★★☆(やや難しい)。近年合格率は1次レベル:53.0%、2次:48.1%ほど。
就職は? 証券会社、投資信託会社、投資顧問会社、生命保険会社、銀行、コンサルティング会社、シンクタンクなど。一般企業や法人などにも証券アナリスト資格の必要性が注目おり、証券アナリスト資格取得を義務づけつつある企業もあるようです。ファイナンス理論の修得において十分活用できるので、就・転職にも有利です。
仕事内容は? 証券投資の情報を分析・評価、企業の調査分析、投資手法を用いた商品化、資判断基準となる基礎的材料の提供、投資に関するアドバイスなど、多様な投資意思決定のプロセスに参画します。

参考書はこちら    問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@

 資 格 概 要

受験資格

●1次試験

通信教育講座の受講を終えた方

●2次試験・・・・1次試験合格者


試験内容

●1次レベル講座・試験

  • ① 証券分析、ポートフォリオ・マネジメント(180分)
  • ② 財務分析(90分)
  • ③ 経済(90分)

●2次レベル講座・試験

  • ① 証券分析、ポートフォリオ・マネジメント
  • ② 財務分析
  • ③ 経済
  • ④ 職業倫理・行為基準


合格基準

●1次試験

一定割合の上位得点者の平均得点を基準として合否が決定されます。


●2次試験

職業倫理・行為基準(配点60点)の得点が一定水準(近年は60%程度)に到達することにより合格となります。
ただし、午前・午後の両方の試験に出席しなかった場合は、片方が合格最低点に達していても不合格となります。


免除(科目等)について

●1次試験

科目合格が儲けられており、3年間の間に3科目合格する必要があり、合格した科目は、3年間の間免除されます。
また、3年目の最終試験で不合格の場合、その科目の再受講が必要となります。また、再受講しなかった場合は、全科目無効となります。


願書申込み受付期間

●1次試験

  • ① 〜3月中旬頃まで
  • ② 〜8月中旬頃まで

●2次試験

  • ③ 〜4月下旬頃まで
  • ④ 〜9月下旬頃まで

試験日程

●1次試験

  • ① 4月下旬頃
  • ② 9月下旬頃

●1次レベル講座

6月〜翌年1月


●2次試験

  • ③ 6月上旬頃
  • ④ 11月下旬頃

●2次レベル講座

8月〜翌年4月


受験地

●1次試験

東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、金沢、広島、松山、福岡、ニューヨーク、
ロンドン、香港

●2次試験

東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、金沢、広島、松山、福岡、ニューヨーク、
ロンドン、香港


受験料(税込み)

●1次試験

  • 経済、財務分析・・・・各3,100円
  • 証券分析とポートフォリオ・マネジメント・・・・6,200円

●2次試験・・・・8,200円


●1次レベル講座・・・・55,500円(3科目一括受講)

  • 証券分析とポートフォリオ・マネジメント・・・・33,900円
  • 財務分析・・・・16,500円
  • 経済・・・・16,500円

●2次レベル講座・・・・52,500円


合格発表日

●1次試験

  • ① 6月上旬頃
  • ② 11月上旬頃

●2次試験

  • ③ 7月下旬頃
  • ④ 1月下旬頃

受験申込・問合せ

公益社団法人 日本証券アナリスト協会 教育担当 03-3666-1511

ホームページ

公益社団法人 日本証券アナリスト協会


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@


証券アナリストに関連する資格

ファイナンシャル・プランニング技能士  AFP  CFP  証券外務員