民間資格 食品冷凍技士

食品冷凍技士とは?

食品を低温加工技術や冷凍食品の処理、品質管理に関する専門知識・技能があることを証明する資格です。検定試験に合格した者は、合格発表後3年以内に登録手続きを行う必要があり、登録を行わない場合は、食品冷凍技士の資格が失効します。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は67%ほど。
低温に係わる食品の研究・開発・教育・加工・製造・保管・輸送流通業などの受験者が多いです。
就職は? この資格だけでは就職は難しい。関連部門で働いている人にとっては取得しておけば、昇給・昇進などに有利な資格です。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

1. 低温に係わる食品の研究・開発・加工・製造・保管ならびに輸送・流通の業務
  並びに教育などのそれらの関連業務に従事し、通算3年以上の実務経験者。
2. 学校教育法による大学(院)、短大、高等専門学校において職人に関する課程を
  修めて卒業した者、またはこれと同等以上の学力を有する者で1年以上の
  実務経験者。


試験内容

●学識(2時間)

@食品冷凍の総論と物理、A食品冷凍の化学、B食品冷凍の衛生学、
C冷凍設備と解凍設備

●技術(2時間)

@畜産物の冷凍、A水産物の冷凍、B農産物の冷凍、C冷凍食品の品質管理


合格基準

満点中、おおよそ60%以上の得点で合格となります。


願書申込み受付期間

実施団体まで、お問い合わせ下さい。


試験日程

毎年2月中旬〜下旬の日曜日


受験地

東京、名古屋、大阪、福岡


受験料(税込み)

10,000円(登録料7,000円、入会金1,500円、年会費9,600円 別途要)


合格発表日

実施団体まで、お問い合わせ下さい。


合格後の更新について

食品冷凍技士の登録までの有効期間は3年間です。
合格発表後3年以内に登録手続きを行う必要があり、登録を行わない場合は、食品冷凍技士の資格が失効します。ただし、資格喪失後5年以内に第2種正会員の入会手続きをした場合、再登録手数料20,000円を支払い、理事会の審議を経ることによりその資格を復活できます。


受験申込・問合せ

公益社団法人 日本冷凍空調学会 技士試験係 03-5623-3223
一般社団法人 近畿冷凍空調工業会 技士試験係 06-6233-3201
中部冷凍空調協会 技士試験係 052-263-5067
西日本冷凍空調工業会 技士試験係 092-471-1530

ホームページ

公益社団法人 日本冷凍空調学会


参考書・問題集

関連書籍はこちら