資格ニュース 2017

今、気になる資格のニュースをPick UP!
資格に関するニュースも募集中です。メールお待ちしております。

Top - Home


ニュース CompTIA FREE RETAKEキャンペーンが資格を限定して再びスタート-バウチャー購入と再受験は5月31日まで - (2017/2/8) - 資格zine

CompTIA日本支局は、対象となる認定資格の試験が不合格だった場合に、2度目の試験を無料で受験できる「CompTIA FREE RETAKEキャンペーン」を実施中だ。キャンペーンに参加するには、専用のバウチャーの購入が必要となる。キャンペーン期間は5月31日までだが、同日までに2度目の無料試験も含め受験を完了する必要がある。

ニュース DevOps認定資格試験が誕生、エクシン・ジャパンが3月開始 - (2017/2/8) - IT pro

エクシン・ジャパンは2017年2月8日、短期間でソフトウエアを開発して提供するための知識などを認定する「DevOps Master資格」を発表した。2017年3月21日より日本語での資格認定試験を始める。試験を受けるには、2日間のトレーニング受講が必要だ。

ニュース 多才な人材、警官に 採用試験制度変更へ - (2017/2/8) - YOMIURI ONLINE

県警が多才な人材の確保に向けて、2017年度から警察官採用試験の制度を変更することが7日、わかった。受験資格の年齢制限を33歳未満(現行30歳未満)に引き上げるほか、武道や語学など、4分野の有資格者に加点する新制度を導入する。大量採用した警察官の定年退職が続く中、多様化・複雑化する犯罪形態に適応できる組織力を高める狙いだ。

ニュース 中学に部活動指導員 新年度試験導入 - (2017/2/8) - YOMIURI ONLINE

県教育委員会は新年度、公立中学校の運動部に「部活動指導員」を配置する事業を試験的に導入する。教員ではないが競技経験のあるコーチを指導員に指定し、顧問教諭の代役として引率などができる権限を認め、報酬も県教委の予算から支出する。指導者不足が慢性化している中学校の運動部で、指導とプレーの環境が改善されるかが注目される。

ニュース 介護福祉士の受験者半減 16年度、450時間の研修追加響く - (2017/2/7) - 日本経済新聞

1月に実施された2016年度の介護福祉士国家試験の受験者数が、15年度の半分の約7万6千人に落ち込んだことが分かった。今回から実務経験者を対象とした受験資格として、450時間の研修が追加されたことが主な原因とみられる。受験資格の厳格化には、介護職の専門性を高めて給与アップなど処遇改善につなげる狙いがある。現場で中核的な役割を担う専門職の質の向上と人員確保とのバランスをどう取るか、難しさが浮かび上がる。

ニュース 電気通信の国家資格創設 8日に有識者会議 - (2017/2/3) - minkabu

国土交通省は2月8日、電気通信工事の監理技術者要件とする新たな国家資格(技術検定)について話し合う「電気通信工事に係る施工管理技術検定に関する検討会」の初会合を開く。市場拡大が期待される電気通信工事は、国家資格がないため、実務経験がないと監理技術者要件を満たすことができず、将来の技術者不足が懸念されている。検討会では、技術検定の対象技術、試験科目、受験要件などを議論する。

Top - Home


ニュース 規格の専門人材育成へ資格創設 経産省・一橋大など - (2017/1/31) - 日本経済新聞

経済産業省と一橋大学など5大学は、製品技術や安全性能の評価方法などの「標準規格」の専門人材を育成する。経産省が資格制度を創設し、大学側は合同で講義を始める。専門人材を増やして国際標準に育つ日本発の技術を見いだす狙いだ。

ニュース 「精神保健指定医」資格審査見直しへ - (2017/1/28) - NHK NEWS WEB

重い精神障害がある患者に強制的な入院が必要かを判断する専門の医師の資格について、取得の際に不正が相次いだため、厚生労働省は新たに面接試験を導入するなど、審査の内容を見直すことになりました。これは、27日開かれた厚生労働省の専門家会議で決まりました。

ニュース この春一新 「産業観光検定」 - (2017/1/27) - タウンニュース

川崎の産業の歴史や地名の由来、縁の偉人などの知識を問う「川崎産業観光検定試験」がこの春、「ようこそ!かわさき検定(新・川崎産業観光検定試験)」としてリニューアルされる。

ニュース 人事コンサルタント協会、専門資格「人材測定コンサルタント」創設 - (2017/1/26) - WorkMaster

人事コンサルタント協会は、採用・人事評価担当者向けの専門資格「人材測定コンサルタント」を創設した。雇用のミスマッチ防止に実効を上げるには、採用する側のスキル強化が何より重要だ。転職が当たり前になった現在、優秀者の社外流出防止の観点から人事評価の適切な運用にも注目が集まっている。しかしながら、採用業務、人事評価業務を体系的に教育し、スキル証明を行う専門資格はこれまで整備されておらず、これら社会的ニーズの高まりと相まって当協会は本資格創設に至った。

ニュース 家屋被害認定、兵庫に学べ 阪神大震災教訓に資格制度 - (2017/1/15) - 日本経済新聞

阪神大震災を教訓に兵庫県が独自に作った「家屋被害認定士」制度が、昨年の熊本地震を機に改めて注目されている。自治体による被災住宅の損害の判定が混乱して罹災(りさい)証明書の発行が滞り、住民の生活再建の足かせになったためだ。専門知識を持つ職員を育成するため、兵庫県に研修を申し込む自治体が増えている。

ニュース 不動産の新しい資格「不動産キャリアパーソン」ってなんだ? - (2017/1/14) - exciteニュース

不動産業界には色々な資格がある。有名資格でいうと宅建士や不動産鑑定士、マンション管理士などが挙げられる。最近では「不動産キャリアパーソン」という資格も誕生しており、不動産関連の資実に多種多様になってきている。

ニュース 新国家資格「情報処理安全確保支援士」の受験受け付け開始 - (2017/1/12) - 日刊建設工業新聞

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12日、平成29年度より新設される国家資格「情報処理安全確保支援士(以下、支援士)」の第1回となる春期試験の受験受け付けを開始した。ウェブサイトでの受付は2月20日20時まで、郵送での受け付けは2月9日消印有効まで実施しており、受験手数料は5700円で、試験は4月16日に実施される。

ニュース 道建協/初の舗装診断士資格試験概要公表/申込書類作成はネット限定 - (2017/1/10) - 日刊建設工業新聞

日本道路建設業協会(道建協)は、初めて行う「舗装診断士」の資格試験の概要を明らかにした。舗装に関する高い専門知識を持ち、舗装の診断や補修に伴う一連の作業が行える技術者を認定する民間資格で、舗装の維持・修繕を最適な方法でより効率的に行うために創設した。インターネット限定の申込書作成システムを2月24日午後5時まで開設する。試験は全国10会場で6月25日に行う。

ニュース 公文書整理の専門家「アーキビスト」創設を検討 - (2017/1/2) - 読売プレミアム

政府は、「アーキビスト」と呼ばれる公文書の保存や整理にたけた専門家を認証する公的資格制度を創設する方向で検討に入った。 公文書館の利活用促進が狙いで、国立公文書館が今年度内に業務内容や必要な能力を定めた職務基準書をまとめる方針だ。



過去のニュースはこちら