国家資格 「状況別」添え状(ブランクがある場合)

履歴書・職務経歴書とは?

履歴書・職務経歴書は、仕事を通じた自分の分身です。仕事内容、実績、資格取得など、いままでの職歴・学歴などの自分の歴史が用紙に書き込まれたものです。その履歴書・職務経歴書を提出するにあたって、自分を選んでもらえるような書き方や表現方法にはテクニックが必要になります。
ここでは、転職・就職活動では避けて通れない、履歴書・職務経歴書・添え状について書き方をケース別に紹介しています。
あわせて、カテゴリーTOP画面では、履歴書・職務経歴書・添え状をダウンロードすることが出来ますので、自分流にアレンジして活用して下さい。弊サイトのこのコンテンツが、あなたの成功の助けになれば幸いです。

「職務経歴書」関連書籍はこちら    「履歴書」関連書籍はこちら

 「状況別」添え状(ブランクがある場合)

接点とやる気&勉強

前職を退職してからブランクがある方の場合は、過去の実績にプラスして、そのブランクの間に何をしていたか?何を学び、何ができるようになったのかが注目されます。
親族の介護等、様々な理由があると思いますが、ブランクがある場合、大切な事は、「何故ブランク」があるのかという点です。
ブランクの理由を明確にして、その間に何を感じ、どう仕事に活かす事ができるのかをアピールしましょう。
例えば、子育て・介護・資格取得に向けて勉強・留学など目的意識のあるブランクの理由が必要です。

「転職活動で長期のブランク」がある場合は、ブランクを前向きにとらえ、その活動の中で何を考え、これからどのように活かすのかを記載します。

また、海外留学などの場合は、語学や専門的な知識を習得するために○年行っていたのかを記載し、単なる遊びで海外に出かけたのではないことを記載します。あわせて海外留学の場合は留学中に身につけたスキルを応募する企業でどのように活かしていくかも記載し、バイタリティーの高さをアピールするといいでしょう。

「病気療養のため」のブランクであれば、現在は回復し、今後も業務に支障を及ぼすことがないことを記載し、採用側の不安を払拭する必要があります。


(クリックで拡大します。)


ココをクリックするとサンプルのダウンロードが出来ます。

ダウンロードについてこちらのページもご覧下さい。



職種・状況別の「添え状サンプル」を見てみたい方は、
下記から見たい物をクリックして下さい。


●状況別  
「キャリアが浅い」場合「転職回数が多い」場合「派遣社員」の場合 
「リストラされた」場合「異業種に転職」の場合・「ブランクがある」場合 



履歴書・職務経歴書 簡単作成ツールがあるサイト

メイテックネクスト
画面に沿って選択・入力していくだけで、簡単にエンジニア専用の職務経歴書が作成できます。作成後はその場でエクセルにダウンロードできます。使用ツールや技術知識が選択式でチェックできるので、的確に自分の技術アピールをすることができます。例文やサンプル文を参考に、成果やヒューマンスキルもアピールできます。


履歴書・職務経歴書の書籍

「職務経歴書」関連書籍はこちら    「履歴書」関連書籍はこちら




→カテゴリーTopへ
履歴書の巻
 転職・就職成功の基礎
 履歴書の書き方@
 履歴書の書き方A
 履歴書の書き方B
 履歴書の書き方C
 履歴書の書き方D

職務経歴書の巻
 職務経歴書の書き方@
 職務経歴書の書き方A
 見落としやすいポイント

職種別「職務経歴書」
 営業職の場合
 事務職の場合
 技術職の場合
 デザイン系の場合
 販売・サービス職の場合

状況別「職務経歴書」
 キャリアが浅い場合
 転職回数が多い場合
 派遣社員の場合
 リストラされた場合
 異業種に転職の場合
 ブランクがある場合

添え状の巻
 添え状の書き方

封筒の巻
 封筒の書き方・注意事項

その他
 書類作成フロー
 卒業年度早見表
 西暦・年号対応表

求人情報サイトからハローワークまで「40万件超」掲載のメガ転職サイト。様々な業種、職種、エリアの絞り込みから「もうすぐ終了案件」までリアルタイムで仕事を探せます。


パナソニックグループの他に大手優良企業の取引先企業が多数あり、常時1000件以上の派遣案件を持ちさまざまなご要望に応じて、最適なお仕事をご紹介します。


正社員としての転職先をお探しの方へ1万件の求人と2万件の非公開求人情報をご提供。業界に精通した専任のキャリアコンサルタントが無料であなたの転職相談を承ります。