国家資格 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは?

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは、トンネルや下水道の工事など、作業員が酸素欠乏に陥る危険性のある場所の作業において、作業方法を正しく決定したり換気装置の使用状況を監視し、作業を、安全に行うための、指揮・監督を行う専門家です。
  業務独占資格  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習と終了考査で取得できます。
就職先は? 土木・建設企業など
仕事内容は? トンネルや下水道の工事など、作業員が酸素欠乏に陥る危険性のある場所の作業において、作業方法を正しく決定したり換気装置の点検など、作業を、安全に行うための、指揮・監督を行います。

 資 格 概 要

受講資格

□一般講習
  1. 18歳以上の者。

□特例講習
  1. 酸素欠乏危険作業者技能講習(旧1種)を修了した者
  2. 昭和46年9月26日までに行われた酸欠作業主任者技能講習を修了した者

受講内容

□一般講習
  • ① 法令関係
  • ② 酸素欠乏症・硫化水素中毒及び救急そ生に関する知識
  • ③ 酸素欠乏及び硫化水素発生の原因及び防止措置に関する知識
  • ④ 防護具する知識
  • ⑤ 学科修了考査
  • ⑥ 救急蘇生の方法(実技)
  • ⑦ 酸素及び硫化水素の濃度の測定方法(実技)
  • ⑧ 実技修了試験及び実技指導(ロープ取扱い)

□特例講習
  • ① 硫化水素中毒に関する知識
  • ② 空気中の硫化水素の農奴が百万分の十を濃度が百万分の十を超える状態の発生の原因及び防止措置に関する知識・発生事例
  • ③ 関係法令
  • ④ 硫化水素濃度の測定方法
  • ⑤ 修了試験

修了試験及び学科試験の合格基準

以下の双方の条件を満たすことで合格となります。

  • 各科目の得点が、満点中40%以上の得点率
  • 全科目の合計得点が、満点中60%以上の得点率

免除(科目等)について

下記に該当する者は、E救急そ生の方法(実技)が免除されます。

  • 日本赤十字社の行う救急法の講習を修了して救急員認定証を受けた者。
  • 平成10年3月31日までに日本赤十字社の行った救急法一般講習Uを修了して合格証を受けた者。
  • 平成6年12月31日までに日本赤十字社の行った救急法の講習を修了して救急員適任証を受けた者。

願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


受講日程

実施先までお問い合わせ下さい。


受講地

全国各地


受講料

通常・・・・19,440円(教材費2,100円別途)
免除※1・・・・16,200円(教材費2,100円別途)
特例※2・・・・12,960円(教材費2,100円別途)
※1:日本赤十字社 救急法救急員認定者
※2:酸素欠乏危険作業主任者技能講習(旧第一種)修了者


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

一般財団法人 日本産業技能教習協会 03-3254-8404

ホームページ

一般財団法人 日本産業技能教習協会


酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者に関連する資格

酸素欠乏危険作業主任者