国家資格 ボイラー・タービン主任技術者

ボイラー・タービン主任技術者とは?

ボイラー・タービン主任技術者とは、電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、 ガスタービン、燃料電池発電所などの安全の確保及び、電力の安定供給を図るのが目的の資格。一定規模以上の燃料電池発電所において電気事業法に規定する主任技術者として選任された者のうち、火力・原子力・燃料電池設備に係る保安の監督を行う者のこと。
  業務独占資格  必置資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
学歴に応じた実務経験年数が必要な実務経験年数を経た後、申請することにより、取得できます。
就職は? ビル設備管理会社・研究所など
仕事内容は? 電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所等の工事、維持、運用に係る保安の監督などを行います。

 資 格 概 要

申請資格

学歴 必要な実務経験年数
第1種 第2種
(1) (2) (3) (4) (5)
1)大学(機械工学)卒 6 6 3 3 3
2)大学卒 10 6 3 5 3
3)短大・高専(機械工学)卒 8 8 4 4 4
4)短大・高専卒 12 8 4 6 4
5)高校(機械工学)卒 10 10 5 5 5
6)高校卒 14 10 5 7 5
7)中学卒 20 15 10 12 10
8)
一級海技士(機関)、特級ボイラー技士、エネルギー管理士(熱)又は、技術士(機械部門に限る)の2次試験に合格した者
6 6 3 3 3


  • (1) 卒業後(上記 8)においては資格等習得後)にボイラー又は蒸気タービンの工事、維持又は、運用に係わった年数
  • (2) (1)のうち、発電用の設備(電気工作物に限る。)に係わった年数
  • (3) (2)のうち、圧力5,880キロパスカル以上の発電用設備に係わった年数
  • (4) 卒業後(上記 8)においては資格等習得後)にボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備(最高使用圧力が98キロパスカル以上のもの)の工事、維持又は、運用に係わった年数
  • (5) (4)のうち、発電用の設備(電気工作物に限る。)に係わった年数

試験内容

学歴に応じた実務経験年数を持つ方が申請にて取得できます。
申請先:最寄りの産業保安監督部電力安全課


願書申込み受付期間

随時受け付け


試験日程

随時受け付け


受験地

最寄りの産業保安監督部電力安全課


交付手数料

6,600円


合格発表日

申請により取得できます。


受験申込・問合せ

  • 北海道産業保安監督部電力安全課 011-709-1795
  • 関東東北産業保安監督部東北支部電力安全課 022-211-4948
  • 関東東北産業保安監督部電力安全課 048-600-0385〜0388
  • 中部近畿産業保安監督部電力安全課 052-951-2817
  • 北陸産業保安監督署 076-432-5580
  • 中部近畿産業保安監督部近畿支部電力安全課 06-6966-6048
  • 中国四国産業保安監督部電力安全課 082-224-5742
  • 中国四国産業保安監督部四国支部電力安全課 087-811-8586
  • 九州産業保安監督部電力安全課 092-482-5519〜5524
  • 那覇産業保安監督事務所 098-866-6474

ホームページ

経済産業省


ボイラー・タービン主任技術者に関連する資格

ボイラー技士  ボイラー整備士  ボイラー溶接士