国家資格 調理師

調理師とは?

名称独占資格。「調理師」とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいいます。食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など関連分野の幅広い知識を持っていることを証明されます。また、調理師は講習会を受講しなくても食品衛生責任者になることができます。
  名称独占  指定学校卒業で取得できる資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は75%程度
就職は? ホテル、料亭、旅館、割烹、各料理店、給食センター、製菓関連など。独立するには、センス、技術も必要だが、営業力も必須です。
仕事内容は? 調理全般(和食・洋食・中華・その他。新人はやはり掃除からが基本です。
年収は? 調理師の平均年収は331.3万円(賞与込)です。

平成27年 男性  給料


 

平成27年 女性  給料


平均年収:370.3万円
平均月収:28.0万円
平均時給:1,433円
年間賞与等:33.2万円
平均年齢:42.1歳
平均勤続年数:8.8年

 

平均年収:267.2万円
平均月収:19.4万円
平均時給:1,115円
年間賞与等:34.3万円
平均年齢:44.6歳
平均勤続年数:8.3年

(平成27年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

参考書はこちら    問題集はこちら    講座を探してみる
   
この資格を活かせる会社を見てみる    バイトで探す

 資 格 概 要

受験資格

下記1.〜4.までのいずれかの学歴を持ち、5.の実務経験を持つ者が受験できます。

  1. 中学校卒業者
  2. 小学校卒業者出5年以上調理業務経験者
  3. 旧制国民学校高等科修了者、旧制中学校2年過程修了者又は、労働大臣が認定した者
  4. 各種外国人学校 中等部卒業者
  5. 以下のいずれかで2年以上調理業務経験者。
  • 学校、病院、寮などの給食施設
     (継続して1日20食以上又は1日50食以上調理する施設)
  • 飲食店(旅館、簡易宿泊所を含む)
  • 惣菜製造業
  • 魚介類販売業

試験内容

  • ① 衛生法規
  • ② 公衆衛生学
  • ③ 栄養学
  • ④ 食品学
  • ⑤ 食品衛生学
  • ⑥ 調理理論
  • ⑦ 食文化概論

☆こんな問題が出ます



合格基準

全科目の合計得点が満点の6割以上で、0点の科目が無いこと。


免除(科目等)について

厚生労働大臣が指定した調理師養成施設(専門学校、専修学校、各種学校、高等学校等)において、1年以上、調理、栄養および衛生に関して調理師として必要な知識および技能を修得した者は試験免除になります。


願書申込み受付期間

各都道府県の担当官までお問い合わせ下さい。


試験日程

各都道府県ごとに年1回以上。


受験地

各都道府県の指定した受験会場


受験料

各都道府県の担当官までお問い合わせ下さい。
都道府県により、その県内に住所があり、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳を所持する者については、受験料が免除になる場合があります。


合格発表日

受験日より2ヶ月後位


受験申込・問合せ

各都道府県庁の担当課

ホームページ

なしです。


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら    講座を探してみる
   
この資格を活かせる会社を見てみる    バイトで探す


調理師に関連する資格

栄養士・管理栄養士  レストランサービス技能士  食生活アドバイザー


調理師

 がとれる通信教育・スクール