国家資格 林業架線作業主任者

林業架線作業主任者とは?

森林で栽培した原木を、木材加工場まで運び出す際に使用する機械集材装置や運財用空中ケーブルなどの設備の組立て・解体・変更・修理、作業方法、労働者の配置を決定する作業の指揮を行う責任者です。 支柱や主要機器の配置、労働者の配置などを決定し、安全に作業するための指示監督を行います。
  必置資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は、56.0%ほど。
就職先は? 林業、木材会社など
仕事内容は? 機械集材装置や運財用空中ケーブルなどの組立て・解体・変更・修理、作業方法、労働者の配置、指導などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

実務経験3年以上の者。


試験内容

40問/3時間(科目免除者は30問/2時間15分)

  • ① 機械集材装置及び運材索道に関する知識
  • ② 林業架線作業に関する知識
  • ③ 関係法令
  • ④ 林業架線作業に必要な力学に関する知識

☆過去問はこちら


合格基準

以下を全て満たした者が、合格となります。

  • 科目ごとに40%以上の得点率。
  • 合計点が満点の60%以上の得点率。

免除(科目等)について

以下に該当する者は、林業架線作業に必要な力学に関する知識が免除になります。

  • ① 学校教育法による大学(短期大学を含む。)、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校【注1】を卒業した者
  • ② 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者
  • ③ 省庁大学校【注2】を卒業(修了)した者
  • ④ 専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者
  • ⑤ 指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)

注1:
中等教育学校とは中高一貫教育の学校のことで中学校ではありません。
注2:
「省庁大学校」については、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、職業能力開発総合大学校の長期課程・総合課程、気象大学校の大学部、国立看護大学校の看護学部看護学科(各旧法令による同等のものを含む。)が該当します。


身体上の障害等に係る特別措置について

障害のある方で特別措置を希望される場合は、申請前に安全衛生技術センターに相談して下さい。


願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


試験日程

各地区安全衛生技術センターにより異なります。


受験地

管轄住所のセンターで受験。


受験料

6,800円


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

  • 公益財団法人 安全衛生技術試験本部 03-5275-1088
  • 北海道安全衛生技術センター 0123-34-1171
  • 東北安全衛生技術センター 0223-23-3181
  • 関東安全衛生技術センター 0436-75-1141
  • 中部安全衛生技術センター 0562-33-1161
  • 近畿安全衛生技術センター 079-438-8481
  • 中国四国安全衛生技術センター084-954-4661
  • 九州安全衛生技術センター0942-43-3381

ホームページ

公益財団法人 安全衛生技術試験協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら