国家資格 職業訓練指導員

職業訓練指導員とは?

職業能力開発促進法に規定された公の職業能力開発施設等で、実技や専門学科を教える場合に訓練指導を担当する人のことです。
  業務独占資格  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
合格率は講習:90%以上。都道府県により難易度が異なりますが、受験での合格率は30〜50%ほど。都市部では電子科が人気あります。
仕事内容は? 技術専門校などの公共の職業能力開発施設や民間の認定職業訓練施設で職業訓練の指導にあたります。

参考書はこちら

 資 格 概 要

受講資格

●試験

  1. 職業能力開発促進法による職業訓練の修了者で一定の実務経験を持つ者。
  2. 高校・短大・大学を卒業後、それぞれ一定の実務経験をもつ者。
  3. 厚生労働大臣指定の専修・各種学校終了後一定の実務経験をもつ者。など

●講習

  1. 技能検定1級・単一等級合格者
  2. 高校・短大・大学などで免許職種に関する学科を履修し、一定の実務経験をもつ者。
  3. 職業能力開発促進法による職業訓練の修了者で一定の実務経験を持つ者。など

受講内容

●試験

  • ① 実技試験
  • ② 学科試験

●講習・・・・6日間/48時間

  • ① 職業訓練原理
  • ② 教科指導法
  • ③ 労働安全衛生
  • ④ 訓練生の心理
  • ⑤ 生活指導
  • ⑥ 関連法規
  • ⑦ 事例研究
  • ⑧ 確認テスト

所有する資格によって実技試験、学科試験のうち関連学科の両方、または、どちらかが免除されます。


合格基準

実技試験:60%以上の得点率で合格となります。
学科試験:指導方法について60%以上の得点率で合格となります。


免除(科目等)について

@、Aに該当する者は申請により、職業訓練指導員免許を受けることができます。

  • ① 職業能力開発総合大学校等卒業者で以下に該当する者。
  • (1) 長期課程の指導員訓練を修了した者
  • (2) 専門課程の指導員訓練を修了した者
  • ② 大学等で免許職種に関する科目を履修し、高等学校の教員の普通免許状を所持する者


普通免許状は、工業、工業実習、農業、農業実習、水産、水産実習、商業、商業実習、家庭、家庭実習の教科の者に限ります。

その他、実務経験日数や学歴等により、【実技】【学科】の免除があります。
詳しくは、各都道府県の職業能力開発協会までお問い合わせ下さい。


願書申込み受付期間

各都道府県により異なります。詳しくは、問い合わせ先まで


受講日程

各都道府県により異なります。詳しくは、問い合わせ先まで


受験地

全国各地


受講料

各都道府県により異なります。詳しくは、問い合わせ先まで


合格発表日

各都道府県により異なります。詳しくは、問い合わせ先まで


受講申込・問合せ

●試験・・・・各都道府県の労働主管部職業能力開発主管課
●講習・・・・各都道府県の職業能力開発協会

ホームページ

なし