国家資格 特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者とは?

特殊建築物等調査資格者とは、多くの人が出入りする特殊建築物(学校、病院、診療所、映画館、オフィスビルなど)の敷地構造や建築設備を定期的に検査する専門家です。
  業務独占資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習と修了考査で取得できます。
就職先は? 建築設備会社など
仕事内容は? 敷地構造や建築物の中に組み込まれる電気や上下水道、空調などの設備を定期的に検査・指導します。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

  1. 指定学科で大学の大学を卒業し、実務経験、2年以上の者。
  2. 指定学科で3年制短大(夜間を除く)を卒業し、実務経験、3年以上の者。
  3. 指定学科で2年制短大を卒業し、実務経験、4年以上の者。
  4. 指定学科で高校を卒業し、実務経験、7年以上の者。
  5. 建築に関しての実務経験、11年以上の者。
  6. 特定行政庁職員として建築行政に関して、2年以上の実務経験者。
  7. 消防吏員として、5年以上の火災予防業務の実務経験を有する者
  8. 甲種消防設備士として、実務経験、5年以上の者。
  9. 防火対象物点検資格者として、実務経験5年以上の者。
  10. 上記と同等以上の知識及び実務経験を有する者。

受講内容

※講習は以下の科目を4日間に分けて行い、最終日に修了考査が行われます。

  • ① 特殊建築物等定期調査制度総論(1時間)
  • ② 建築学概論(5時間)
  • ③ 建築基準法令の構成と概要(1時間)
  • ④ 特殊建築物等の維持保全(1時間)
  • ⑤ 建築構造(4時間)
  • ⑥ 防火・避難(6時間)
  • ⑦ その他の事故防止(1時間)
  • ⑧ 特殊建築物等調査業務基準等(4時間)
  • ⑨ 修了考査(2時間)

願書申込み受付期間

6月下旬(予定)〜開催3週間前まで


受講日程

東京・・・・10月上旬、12月上旬頃(年2回)
名古屋・・・・10月下旬頃
大阪・・・・11月中旬頃
福岡・・・・10月下旬頃


受講地

東京、名古屋、大阪、福岡


受講料(税込み)

50,760円(テキスト代含む)


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

一般財団法人日本建築防災協会 03-5512-6453

ホームページ

一般財団法人日本建築防災協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


特殊建築物等調査資格者に関連する資格

建築設備士  建築設備検査資格者