国家資格 揚貨装置運転士

揚貨装置運転士とは?

揚貨装置運転士とは、制限荷重が5トン以上の揚貨装置(港湾荷役の作業をするために船舶に取り付けられたクレーンまたはデリック)の操作するために必要な資格です。試験合格後に、所在地の都道府県労働局長へ申請し免許が交付されます。
  業務独占資格  名称独占  実務経験なしで受験できる国家資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は、学科:80.5%、実技:95.5%ほど。
就職先は? 港湾関係
仕事内容は? 港湾荷役の作業をするために船舶に取り付けられたクレーンまたはデリックを使用して、積み荷の積み卸しをします。
年収は? クレーン運転工の平均年収は461.4万円(賞与込)です。

平成27年 男性  給料


 

平成27年 女性  給料


平均年収:461.4万円
平均月収:34.3万円
平均時給:1,710円
年間賞与等:48.6万円
平均年齢:45.3歳
平均勤続年数:12.6年

 

平均年収:449.8万円
平均月収:28.2万円
平均時給:1,593円
年間賞与等:111.4万円
平均年齢:34.8歳
平均勤続年数:16.3年

(平成27年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

年齢・性別不問 (身分証明書が必要です。)


試験内容

●学科試験(40問/2時間30分、2科目免除者は1時間15分)

  • ① 揚貨装置に関する知識
  • ② 関係法令
  • ③ 原動機及び電気に関する知識
  • ④ 揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識

☆過去問はこちら


●実技試験

  • ① 揚貨装置の運転
  • ② 揚貨装置の運転のための合図

合格基準

●学科

以下の条件全てのを満たすことで合格となります。

  • 総得点が、満点中60%以上の得点率
  • 各科目が、満点中40%以上の得点率

●実技

以下の条件を満たすことで合格となります。

  • 減点の合計が40点以下で合格となります。

免除(科目等)について

以下に該当する場合、科目免除が受けられます。

  1. クレーン・デリック(クレーン限定、床上運転式クレーン限定を含む。)旧クレーン(床上運転式限定を含む。)、旧デリック又は移動式クレーン運転士免許を有する者は、
    □学科
    B原動機及び電気に関する知識、
    C力学に関する知識
    □実技
    A運転のための合図が免除。
  2. 揚貨装置運転実技教習を修了した者で、その修了した日から起算して1年以内の者は、実技の全てが免除。
  3. 揚貨装置の学科試験に合格した者で、その学科試験が行われた日から起算して1年以内の者は、学科の全てが免除
  4. 床上操作式クレーン運転、小型移動式クレーン、玉掛けの講習を修了した者は、実技:A運転のための合図が免除

身体上の障害等に係る特別措置について

障害のある方で特別措置を希望される場合は、申請前に安全衛生技術センターに相談して下さい。


願書申込み受付期間

地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで、お問い合わせ下さい。


試験日程

地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで、お問い合わせ下さい。
各地年1回〜2回。


受験地

全国各地


受験料

●学科・・・・6,800円
●学科・・・・11,100円


合格発表日

地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで、お問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

  • 公益財団法人 安全衛生技術センター 03-5275-1088
  • 北海道安全衛生技術センター 0123-34-1171
  • 東北安全衛生技術センター 0223-23-3181
  • 関東安全衛生技術センター 0436-75-1141
  • 中部安全衛生技術センター 0562-33-1161
  • 近畿安全衛生技術センター 0794-38-8481
  • 中国四国安全衛生技術センター 0849-54-4661
  • 九州安全衛生技術センター 0942-43-3381

ホームページ

公益財団法人 安全衛生技術センター


参考書・問題集

問題集はこちら


揚貨装置運転士に関連する資格

船内荷役作業主任者  クレーン限定  クレーン・デリック運転士