民間資格 CTT+ Cloud+他(コンプティア)

CTT+ Cloud+他(コンプティア)とは?

●Linux+とは、Linuxで稼働するシステムの運用、管理を実施する管理者に必須とされるスキルを評価する認定資格です。
●CASP+とは、セキュリティ要件、リスク管理、インシデント対応、クリティカルなエンタープライズセキュリティでのスキルを網羅する認定資格です。
●CTT+とは、受講者からの信頼の獲得、受講者とのやり取り、講習内容に対する学習意欲の喚起など、効果的な講習を実現するためにインストラクターに必要とされるスキルを証明する認定資格です。
●CySA+とは、ITセキュリティにおける分析と、セキュリティ全体の改善を実行するために必須となるスキルを評価する認定資格です。
●Cloud+とは、クラウドの運用やクラウドサービスの提供など、クラウド環境で業務を実行するITエンジニアが必要とされるセキュアなクラウド環境の実装と運用・管理、仮想化などの技術に対するスキルを評価する認定資格です。
●PenTest+とは、ネットワーク上の脆弱性を特定、報告、管理するための実践的なペネトレーションテストを行うサイバーセキュリティプロフェッショナル向けの認定資格です。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。合格率は非公開です。

CompTIA関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●CompTIA Linux+ XK0-004(90問/90分)

  • ① ハードウェアとシステムの設定(21%)
  • ② システムのオペレーションとメンテナンス(26%)
  • ③ セキュリティ(19%)
  • ④ Linuxのトラブルシューティングと診断(20%)
  • ⑤ 自動化とスクリプティング(14%)

●CompTIA CASP+ CAS-003(90問/165分)

  • ① リスクマネジメント(19%)
  • ② エンタープライズ・セキュリティ・アーキテクチャ(25%)
  • ③ エンタープライズ・セキュリティ・オペレーション(20%)
  • ④ エンタープライズ・セキュリティにおける統合技術(23%)
  • ⑤ 調査、開発およびコラボレーション(23%)

パフォーマンスベーステスト(シミュレーション)が出題されます。
パフォーマンスベーステストの詳細については、こちらをご覧ください


●CompTIA CTT+ TK0-201(CBT)

□CBT TK0-001(1次試験:95問/90分)
  • ① コース事前準備(13%)
  • ② 教授法と教育媒体(14%)
  • ③ インストラクターの信頼性とコミュニケーション(10%)
  • ④ グループの円滑化(45%)
  • ⑤ トレーニングの評価(18%)

□PBT TK0-202(2次試験(一次試験TK0-001合格後に受験可):クラスルームトレーナー/実演時間は、17分〜22分)


CTT+(CBT)の二次試験。クラスルームトレーニングセッション (TK0-202またはTK0-203) に合格する必要があります。
提出に際しての必要な書類、提出メディアの条件等については、「CompTIA CTT+ クラスルームトレーナー試験 受験の手引き」をご覧下さい。


□PBT TK0-203(2次試験(一次試験TK0-001合格後に受験可):バーチャルクラスルームトレーナー/実演時間は、17分〜22分)


CTT+(CBT)の二次試験。クラスルームトレーニングセッション (TK0-202またはTK0-203) に合格する必要があります。
提出に際しての必要な書類、提出メディアの条件等については、「CompTIA CTT+バーチャルクラスルームトレーナー試験 受験の手引き」をご覧下さい。


●CompTIA CySA+ CS0-002(85問/165分)

  • ① 脅威および脆弱性マネジメント(22%)
  • ② ソフトウェアおよびシステムセキュリティ(18%)
  • ③ セキュリティオペレーションおよびモニタリング(25%)
  • ④ インシデントレスポンス(22%)
  • ④ コンプライアンスおよびアセスメント(13%)

●CompTIA Cloud+ CV0-002(90問/90分)

  • ① コンフィグレーションとデプロイメント(24%)
  • ② セキュリティ(16%)
  • ③ メンテナンス(18%)
  • ④ マネジメント(20%)
  • ⑤ トラブルシューティング(22%)

●CompTIA PenTest+ PT0-001(80問/165分)

  • ① 計画とスコープ(15%)
  • ② 情報収集と脆弱性の識別(22%)
  • ③ 攻撃とエクスプロイト(30%)
  • ④ ペネトレーションテストツール(17%)
  • ⑤ 報告とコミュニケーション(16%)


合格基準

●Linux+

100-900点満点中、720スコア以上で合格となります。


●CASP+

合否のみ/スコアは表示されません。


●CTT+(CBT)

100-900点満点中、655スコア以上で合格となります。


●CTT+ TK0-202(PBT)

基準となる12のスキル(4段階評価)で、36ppt以上で合格となります。


●CTT+ TK0-203(PBT)

基準となる12のスキル(4段階評価)で、36ppt以上で合格となります。


●CySA+

100-900点満点中、750スコア以上で合格となります。


●Cloud+

100-900点満点中、750スコア以上で合格となります。


●PenTest+

100-900点満点中、750スコア以上で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)


許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能


願書申込み受付期間

随時


試験日程

毎日実施(土、日、祝日の日程は試験会場により異なります。)


受験地

全国の認定テストセンター


受験料

●Linux+・・・・42,408円(会員価格:36,047円、CAPP Academy価格:14,934円)

●CASP+・・・・58,343円(会員価格:49,591円、CAPP Academy価格:35,005円)

●CTT+(CBT)・・・・42,408円(会員価格:36,047円、CAPP Academy価格:14,934円)

●CTT+(PBT)・・・・各45,044円(会員価格:38,287円、CAPP Academy価格:20,812円)

●CySA+・・・・46,423円(会員価格:39,460円、CAPP Academy価格:22,406円)

●Cloud+・・・・42,408円(会員価格:36,047円、CAPP Academy価格:14,934円)

●PenTest+・・・・46,423円(会員価格:39,460円、CAPP Academy価格:22,406円)


合格発表日

試験終了後、即時


合格後の更新について

●Linux+

CompTIA CySA+は、資格取得からの有効期間は3年間です。
以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。
CompTIA Linux+を更新することで、CompTIA A+が同時に更新されます。(2019年1月現在)
年間CE費用:$50(総CE費用:$150)、支払いはPayPal経由での処理となります。(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

□CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
  • CompTIA Linux+改訂試験の合格
  • CompTIA Linux+の上位資格にあたるCompTIA認定資格の取得
□更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
  • CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
  • その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

●CASP+

CompTIA CySA+は、資格取得からの有効期間は3年間です。
以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。
CASP+は、CompTIA認定資格の最上位に位置付けられているため、CASP+を取得することで、更新が必要となるすべての資格が同時に更新されます。(2019年1月現在)
年間CE費用:$50(総CE費用:$150)、支払いはPayPal経由での処理となります。(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

□CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
  • CASP改訂試験の合格
□更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
  • CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
  • その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

●CySA+

CompTIA CySA+は、資格取得からの有効期間は3年間です。
以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。
CompTIA CySA+を更新することで、CompTIA A+、CompTIA Network+、CompTIA Security+、CompTIA PenTest+が同時に更新されます。(2019年1月現在)
年間CE費用:$50(総CE費用:$150)、支払いはPayPal経由での処理となります。(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

□CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
  • CompTIA CySA+改訂試験の合格
  • CompTIA CySA+の上位試験にあたるCompTIA認定資格の取得
□更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
  • CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
  • その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

●Cloud+

CompTIA Cloud+は、資格取得からの有効期間は3年間です。
以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。
年間CE費用:$50(総CE費用:$150)、支払いはPayPal経由での処理となります。(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

□CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
  • CompTIA Cloud+改訂試験の合格
□更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
  • 一部対象となるCompTIA認定資格の取得
  • CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
  • その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

●PenTest+

CompTIA PenTest+は、資格取得からの有効期間は3年間です。
以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。
CompTIA PenTest+を更新することで、CompTIA A+、CompTIA Network+、CompTIA Security+、CompTIA CySA+が同時に更新されます。(2019年1月現在)
年間CE費用:$50(総CE費用:$150)、支払いはPayPal経由での処理となります。(※対象となっているハイレベルなCompTIA認定資格の新規取得、更新する認定資格の最新バージョンの合格で更新する場合は、このCE費用は免除されます。)

□CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
  • CompTIA PenTest+改訂試験の合格
  • CompTIA PenTest+の上位試験にあたるCompTIA認定資格の取得
□更新に必要な「60」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
  • CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
  • その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

受験申込・問合せ

ピアソンVUE 0120-355-583


ホームページ

Linux+

CASP++

CTT+(CBT)

CTT+(PBT)

CySA+

Cloud+

PenTest+

ピアソンVUE


参考書・問題集

CompTIA関連書籍はこちら


CTT+ Cloud+他

 がとれる通信教育・スクール

簿記・FP・TOICなどの人気の資格から公認会計士・税理士などの難関国家資格、 公務員試験対策まで幅広く資格試験対策講座を開講  詳しく・・・