民間資格 DTPエキスパート

DTPエキスパートとは?

誌面のレイアウト、カラープロセス、スキャニングや印刷工程などDTP関連の幅広い知識を問う資格試験。業界に就転職をめざす人などを中心に女性も多く受験しています。資格の認証機関は2年間。認証機関の更新には、資格取得後の2年間で新たに追加された項目から出題されます(実技試験はなし)。また、2年間の期間を過ぎて失効した場合は、再取得制度があります。
2020年3月試験から【DTPエキスパート・マイスター】と【DTPエキスパート】の2段階の認証制度となります。【DTPエキスパート】から【DTPエキスパート・マイスター】へアップグレードする場合は、【DTPエキスパート】取得後、認証有効期限内にアップグレード試験を受験し合格することで【DTPエキスパート・マイスター】に認証されます。
  インターネットで申し込める資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
エキスパートマイスター学科:79.8%
実技:41.1%
エキスパート学科:45.0%
アップグレード実技:77.8%ほど。
就職は? 出版・印刷業界・広告・出版系のデザイナー、広告オペレーター、編集者、印刷会社営業など。再就職の途が広く、DTP業界を目指している方には、価値が高い資格です。実技試験が不合格の場合、学科試験の結果と関係なく、不合格となります。
仕事内容は? 文字の入力から誌面のレイアウトやデザイン、データ出力、編集者やデザイナー、作業の指示・管理などを行います。

問題集はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●試験

制限なし


●認証更新試験

DTPエキスパート取得後、2年間を経過する者。 更新の対象となる方には、協会から案内が送られます。


●再取得試験

過去にDTPエキスパート認証試験で合格し、下記すべての条件を満たす方

  1. 原則、過去4年以内にDTPエキスパート認証試験または更新試験に合格しているが、認証期間が無効となっている方
  2. 認証期間が無効となっているDTPエキスパートIDの確認が出来る方

試験内容

●DTPエキスパート・マイスター
●学科試験(多肢選択形式/第一部:120分 第ニ部:120分)

□基礎分野(第一部)
【1】DTP
  • ① 印刷物
  • ② 工程設計
  • ③ グラフィックデザイン
  • ④ 校正
  • ⑤ コンテンツと法令
  • ⑥ DTPの概要
  • ⑦ DTP環境
  • ⑧ DTP環境と契約
  • ⑨ 文字と文字コード
  • ⑩ 画像
  • ⑪ レイアウト
  • ⑫ PDF
□応用分野(第二部)
【2】色
  • ① 
  • ② 
【3】印刷技術
  • ① 概要
  • ② 五大要素
  • ③ 網点
  • ④ リプレス
  • ⑤ プレス
  • ⑥ ポストプレス
  • ⑦ 情報管理
  • ⑧ 特殊印刷
  • ⑧ デジタル印刷
【4】情報システム
  • ① コンピュータ
  • ② ソフトウェア
  • ③ ネットワーク
  • ④ マークアップ言語
  • ⑤ 正規表現
  • ⑥ データベース
  • ⑦ バーコード
  • ⑧ コンテンツ管理
  • ⑨ デジタルデバイス
  • ⑩ デジタルサイネージ
  • ⑪ デジタルメディア環境とビジネスモデル
  • ⑫ 情報システムとセキュリティー
  • ⑬ 個人情報保護法
【5】コミュニケーション
  • ① 情報デザイン
  • ② マーケティング活動と印刷メディア

●実技試験

試験当日配布の要項に記載されたWebサイトから課題材料をダウンロードし、提出期限以内に作品と制作指示書のデータをアップロードする

【1】A課題:

端物印刷データ作成(PDFX-1a)、指示書作成(PDF)
(出題テーマをリニューアル)

【2】B課題:

頁物印刷データ作成(PDFX-1a)、指示書作成(PDF)
(出題テーマをリニューアル)


●DTPエキスパート
●学科試験(多肢選択形式/第一部:120分 第ニ部:120分)

□基礎分野(第一部)
【1】DTP
  • ① 印刷物
  • ② 工程設計
  • ③ グラフィックデザイン
  • ④ 校正
  • ⑤ コンテンツと法令
  • ⑥ DTPの概要
  • ⑦ DTP環境
  • ⑧ DTP環境と契約
  • ⑨ 文字と文字コード
  • ⑩ 画像
  • ⑪ レイアウト
  • ⑫ PDF
□応用分野(第二部)
【2】色
  • ① 
  • ② 
【3】印刷技術
  • ① 概要
  • ② 五大要素
  • ③ 網点
  • ④ リプレス
  • ⑤ プレス
  • ⑥ ポストプレス
  • ⑦ 情報管理
  • ⑧ 特殊印刷
  • ⑧ デジタル印刷
【4】情報システム
  • ① コンピュータ
  • ② ソフトウェア
  • ③ ネットワーク
  • ④ マークアップ言語
  • ⑤ 正規表現
  • ⑥ データベース
  • ⑦ バーコード
  • ⑧ コンテンツ管理
  • ⑨ デジタルデバイス
  • ⑩ デジタルサイネージ
  • ⑪ デジタルメディア環境とビジネスモデル
  • ⑫ 情報システムとセキュリティー
  • ⑬ 個人情報保護法
【5】コミュニケーション
  • ① 情報デザイン
  • ② マーケティング活動と印刷メディア

●DTPエキスパート・マイスターアップグレード試験
●実技試験

試験当日配布の要項に記載されたWebサイトから課題材料をダウンロードし、提出期限以内に作品と制作指示書のデータをアップロードする

【1】A課題:

端物印刷データ作成(PDFX-1a)、指示書作成(PDF)
(出題テーマをリニューアル)

【2】B課題:

頁物印刷データ作成(PDFX-1a)、指示書作成(PDF)
(出題テーマをリニューアル)


●認証更新試験

DTPエキスパートとして認証された後の2年間で新たに学科試験で追加された項目から出題され、実技試験はありません。
受験形式は、知識補充のための択一式での出題(60問程度×2セット)と、短文レポートをCBT(Computer Based Testing)形式での実施。
取り組みには、インターネット接続環境にあるPCが必要となります。


●再取得試験

DTPエキスパート認証更新試験と同様の内容となります。CBT(Computer Based Testing)形式での実施です。



合格基準

●学科試験

第1部試験基礎分野:満点中、80%以上の正答率で合格となります。
第2部試験応用分野:各カテゴリーとも満点中、80%以上の正答率で合格となります。


●実技試験

□設計

制作上の留意点、制作環境、制作手順、紙面設計、標準化と効率化など。

□要素

要素:受注内容、紙面構成要素(パーツ)の詳細指定など。

□表現

表現:制作指示書の構成、可読性や正確性、指定用語の使用法など。


「作品(印刷用データ)」
□レイアウト:

配置、バランス、製版や印刷への適性など。

□文字/組版

書体(サイズや種類)、組版、表組、文字校正、文書構造の表現など。

□画像/色

写真や図版の処理、彩色、配色など。
上記項目が採点の基準項目である。この項目に対し第三者が理解できる「表現」による記載が求められており、「制作指示書」と「作品(印刷用データ)」の整合性や提出条件に合致していること基準を満たす前提となる。

実際に、複数の採点官により、これらの項目を基に採点が行われ、全カテゴリが10段階評価の8以上であれば合格となります。


願書申込み受付期間

●試験

  • ① 1月上旬〜2月中旬頃まで
  • ② 6月下旬〜8月上旬頃まで

●認証更新試験

7月上旬〜下旬頃まで
資格者登録台帳であるエキスパートWeb基本台帳上で行う必要があります。


●再取得試験

7月上旬〜8月上旬頃まで
DTPエキスパート再取得試験・申請ページ


試験日程

●試験

  • ① 3月中旬頃
  • ② 8月下旬頃(年2回)

●認証更新試験

9月上旬〜下旬頃まで


●再取得試験

9月


受験地

●試験

東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、新潟および指定講座会場・団体受験会場
(仙台、札幌、新潟は8月のみ)

DTPエキスパート認証試験ガイダンス・・・東京


●認証更新試験

在宅(CBT)


●再取得試験

在宅(CBT)


受験料(税込み)

●試験

□DTPエキスパート・マイスター・・・・21,000円
□DTPエキスパート・・・・15,000円
□DTPエキスパートからDTPエキスパート・マイスターへのアップグレード試験・・・・9,000円

●更新試験・・・・7,300円

●再取得試験・・・・10,500円

●再取得後の更新試験受験料・・・・7,300円

●DTPエキスパート認証試験ガイダンス・・・・無料


合格発表日

●試験

  • ① 5月中旬頃
  • ② 10月下旬頃

●認証更新試験

所定の試験サイトで判定・表示


●再取得試験

詳しくは実施団体まで、お問い合わせ下さい。


合格後の更新について

DTPエキスパートの有効期間は2年間です。
更新するためには、資格取得後の2年間で新たに学科試験で追加された項目から出題される更新試験(在宅受験)に合格する必要があり、不合格もしくは、対象期に申請することができず、受験できなかった場合は、資格が失効します。ただし、以下に該当する者は、再取得試験(CBT方式による在宅受験)を受験することが出来ます。
@過去にDTPエキスパート認証試験で合格し、下記すべての条件を満たす方

  • 原則、過去4年以内(2010年8月以降))にDTPエキスパート認証試験または、更新試験に合格しているが認証期間が無効となっている方
  • 認証期間が無効となっているDTPエキスパートIDの確認が出来る方

※注意事項
 再取得の合格期は、過去の履歴が無くなり新規扱いとなります。
※再取得制度を利用した場合、
 2回以上更新:ゴールド認証証、
 6回以上更新:ブルーカードは無効となります。


受験申込・問合せ

公益社団法人 日本印刷技術協会 資格制度事務局 03-3384-3115
更新受付:DTPエキスパート認証更新試験係 03-3480-5331(受付期間内のみ開設)


ホームページ

公益社団法人 日本印刷技術協会


参考書・問題集

問題集はこちら


DTPエキスパートに関連する資格

DTP検定  Illustratorクリエイター能力認定試験  PhotoShopクリエイター試験


DTPエキスパート

 がとれる通信教育・スクール

渋谷にあるDTP・WEB・空間デザイン・ インテリア・CAD・カラーなどのプロフェッショナルを育成する社会人のための本格的なデザイン学校です。