公的資格 スポーツ指導者

スポーツ指導者とは?

スポーツ指導者とは、スポーツの普及と競技力の向上を図るため、スポーツ医・科学の知識を活かし、スポーツを安全に、正しく、楽しく指導し、伝えることができる正しい知識と技能を習得したスポーツ指導者です。フィットネストレーナーは現在養成を行っていません。
  講習プラス試験で取れる資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習で取得できます。
就職は? 地域スポーツ施設、フィットネスクラブ、学校など。近年では、社員の健康づくりに関心を寄せている企業が多く、今後健康づくりの指導員のニーズが高まると思われます。
仕事内容は? 健康づくりのサポート、市民スポーツ活動の活性化の推進、ケガの防止や処置、技能向上のためのアドバイスなどを行ないます。

関連書籍はこちら    スクールを探してみる

 資 格 概 要

受講資格

●スポーツリーダー(通信講座コース)・・・・受講する年の4月1日現在 満18歳以上

●競技別指導者資格

□指導員・・・・受講する年の4月1日現在 満18歳以上の者。
(競技によっては満20歳以上)
□上級指導員・・・・受講する年の4月1日現在 満22歳以上の者。
□コーチ・教師・・・・受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者。
□上級コーチ・教師・・・・受講する年の4月1日現在 満22歳以上の者。

●ジュニアスポーツ指導員・・・・受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者。

●スポーツプログラマー・・・・受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者。

●スポーツドクター

日本国の医師免許を有し、かつ原則として本会あるいは本会加盟団体が推薦し、本会が認めた者。


●アスレティックトレーナー

受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者で、本会加盟団体、または本会が特に認める国内統轄競技団体が推薦し、本会が認めた者。


●スポーツ栄養士

受講年度の4月1日現在22歳以上の管理栄養士で、スポーツ栄養指導の経験がある者または予定がある者のうち、本会および日本栄養士会が認めた者


●スポーツデンティスト

受講申し込み年度内に日本国の歯科医師免許を5年以上有し、かつ日本歯科医師会及び日本体育協会が受講を認めた者。


●アシスタントマネージャー・・・・受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者。

●クラブマネージャー

受講する年の4月1日現在満20歳以上の者で、所属クラブからの推薦を受けることができ、下記の(1)〜(3)のいずれかを満たす者。

  • (1) 総合型の地域スポーツクラブなどでクラブマネジャーとして活動している者。
  • (2) 総合型の地域スポーツクラブなどでクラブマネジャーとしての活動が予定されている者。
  • (3) 本会が特別に認める者。
    (文書作成、表計算、プレゼンテーション資料作成、電子メールなど一般的なパソコンスキルを有すること。)

●体力テスト判定員

受講する年の4月1日現在 満18歳以上の者で、下記の資格をもち、市区町村体育協会の推薦する者。

  • (1) 公認スポーツ指導者
  • (2) スポーツ少年団登録指導者、スポーツ少年団シニア・リーダー
  • (3) その他別に定めるもの
    (体育指導委員、体育指導主事、社会教育主事またはそれに準ずる者)

●体力テスト指導員

公認体力テスト判定員の中から、都道府県体育協会の推薦した者。


受講内容

●スポーツリーダー(通信講座コース)

NHK学園の通信講座を受講し、3回にわけて課題を提出。(35時間)


●競技別指導者資格

□指導員

共通科目・・・・共通科目I(35時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム40時間以上

□上級指導員

共通科目・・・・共通科目I・U(152.5時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(20時間以上)

□コーチ・教師

共通科目・・・・共通科目T・U・V(152.5時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(60時間以上)

□上級コーチ・上級教師

共通科目・・・・共通科目T・U・V・W(192.5時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(40時間以上)


●ジュニアスポーツ指導員

共通科目・・・・共通科目T(35時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(40時間)


●スポーツプログラマー

共通科目・・・・共通科目T・U(70時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(63時間)


●スポーツドクター

共通科目・・・・21単位(25時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム20単位(27時間)


●アスレティックトレーナー

共通科目・・・・共通科目T・U・V(152.5時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(600時間:集合講習220時間、自宅学習380時間)


●スポーツ栄養士

共通科目・・・・共通科目T、共通科目U、共通科目V
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(116.5時間)


●スポーツデンティスト

共通科目・・・・医科共通T、医科共通U(25単位/25時間)
専門科目・・・・スポーツ歯科医学T、スポーツ歯科医学U(21単位/23時間)


●アシスタントマネージャー

共通科目・・・・共通科目T(35時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(35時間)


●クラブマネージャー

共通科目・・・・共通科目T(35時間)
専門科目・・・・専門科目カリキュラム(167.5時間)


●体力テスト判定員

  • ① 国民スポーツと体力テスト(2時間)
  • ② 各種体力テスト(1時間)
  • ③ 国民体力テスト(3時間)
  • ④ 体力診断と処方(2時間)

●体力テスト指導員

  • ① 国民スポーツと体力テスト(3時間)
  • ② 各種体力テスト(3時間)
  • ③ 国民体力テスト(1時間)
  • ④ 体力診断法(4時間)
  • ⑤ 運動処方(3時間)
  • ⑥ 研究協議(1時間)

※通信コース共通科目

  • ① 文化としてのスポーツ(3.75時間)
  • ② 指導者の役割T(5時間)
  • ③ トレーニング論T(3.75時間)
  • ④ スポーツ指導者に必要な医学的知識T(7.5時間)
  • ⑤ スポーツと栄養(2.5時間)
  • ⑥ 指導計画と安全管理(3.75時間)
  • ⑦ ジュニア期のスポーツ(5時間)
  • ⑧ 地域におけるスポーツ振興(3.75時間)

※専門科目
専門科目は資格を協同認定している団体が実施し、資格の役割に応じた専門的な内容となります。 カリキュラムの詳細は、「公認スポーツ指導者制度オフィシャルガイド」の各競技資格ページにてご確認ください。



合格基準

●スポーツリーダー

原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。

●指導員、上級指導員、コーチ、教師

共通科目: 原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。
専門科目: 実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定となります。

●上級コーチ、上級教師

共通科目: 筆記試験とレポート課題の判定結果を基に総合的に判定する。
専門科目: 実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定となります。

●ジュニアスポーツ指導員、スポーツプログラマー

共通科目: 原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。
専門科目: 原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。

●アスレティックトレーナー

共通科目: 原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。
専門科目: 客観式試験と実技・論述試験を行い、総合的に判定します。

●クラブマネジャー

共通科目: 原則として満点中、6割以上の得点で合格となります。
専門科目: 日本体育協会の指定する検定課題とそれに基づくプレゼンテーションの総合審査。


免除(科目等)について

●競技別指導者資格

スポーツリーダー取得者は、共通科目Iの講習および試験が免除されます。


●スポーツドクター

以下に該当する者は、基礎科目が免除されます。
(1)日本医師会認定健康スポーツ医有資格者。
(2)日本整形外科学会認定スポーツ医学研修会の総論Aを修了した者


●スポーツデンティスト

日本スポーツ歯科医学会認定医は、スポーツ歯科医学Uの講習が免除されます。


●アシスタントマネジャー、クラブマネジャー

以下の資格・少量証明書所持者は、共通科目の講習および試験が免除となります。
(1)スポーツリーダー
(2)指導員・上級指導員
(3)コーチ・上級コーチ
(4)教師・上級教師
(5)ジュニアスポーツ指導員
(6)スポーツプログラマー
(7)フィットネストレーナー
(8)アスレティックトレーナー
(9)アシスタントマネージャー
(10)スポーツ栄養士
(11)レクリエーションコーディネーター
(12)野外活動指導者(ディレクター1級)
(13)健康運動指導士
(14)免除適応コース共通科目修了証明書取得者
(15)スポーツ少年団「認定員」
(16)一部の免除適応コース承認校(大学)を卒業した者


願書申込み受付期間

●スポーツリーダー

春期:2月上旬〜4月下旬頃まで
夏期:5月上旬〜7月下旬頃まで
秋期:8月上旬〜10月下旬頃まで
冬期:11月上旬〜1月下旬頃まで


●競技別指導者資格

6月上旬〜下旬


●ジュニアスポーツ指導員

6月上旬〜下旬


●スポーツプログラマー

4月中旬〜6月上旬頃まで


●スポーツドクター

3月上旬〜各団体が定める締切日


●アスレティックトレーナー

推薦団体からの提出締め切り:3月上旬頃まで


●スポーツ栄養士

3月上旬〜下旬頃まで


●アシスタントマネージャー・・・・実施団体により異なる

●クラブマネージャー

〜5月下旬頃まで


● 体力テスト判定員

実施都道府県体育協会へお問合せください。


●体力テスト指導員

実施都道府県体育協会へお問合せください。


受講日程

実施先までお問い合わせ下さい。


受講地

実施先までお問い合わせ下さい。


受講料(税込み)

●スポーツリーダー(通信講座コース)

□通信講座コース・・・・23,100円
□集合講習会コース・・・・詳しくは、実施団体にお問合わせください。

●競技別指導者資格

□指導員共通科目・・・・19,800円
□指導員専門科目・・・・15,120円(別途必要経費がかかる場合もあります。)
□コーチ共通科目・・・・19,440円
□コーチ専門科目・・・・10,800円
□教師共通科目・・・・58,320円
□教師専門科目・・・・競技団体によって異なります。
□上級指導員共通科目・・・・15,120円(科目免除者は8,640円、試験のみは11,040円)
□上級指導員専門科目・・・・10,800円
□上級コーチ共通科目・・・・47,520円(科目免除者は28,080円)
□上級コーチ専門科目・・・・17,280円
□上級教師共通科目・・・・116,640円(共通科目I、II、III免除者は58,320円)
□上級教師専門科目・・・・競技団体によって異なります。

●ジュニアスポーツ指導員

共通科目・・・・19,800円
専門科目・・・・21,600円(登録認定料4年間:10,000円別途要)


●スポーツプログラマー

共通科目・・・・21,600円(科目免除者は17,280円。全科目免除者は不要)
専門科目・・・・54,000円(健康運動指導士有資格者は25,700円)
(登録認定料4年間:20,000円別途要)


●スポーツドクター

共通科目・・・・50,400円
専門科目・・・・28,800円(登録認定料4年間:40,000円別途要)


●アスレチックトレーナー

共通科目・・・・19,440円
専門科目・・・・72,360円(登録認定料4年間:20,000円別途要)


●スポーツ栄養士

共通科目・・・・19,440円
専門科目・・・・19,440円(登録認定料4年間:18,000円別途要)


●スポーツデンティスト

50,400円(免除者は、36,000円/登録認定料4年間:40,000円別途要)


●アシスタントマネジャー

実施団体により異なります。(登録認定料4年間:10,000円別途要)


●クラブマネージャー

専門科目・・・・79,920円(登録認定料4年間:20,000円別途要)


●体力テスト判定員・・・・テキスト代 1,400円(認定料:2,000円別途要)

●体力テスト指導員・・・・9,450円(認定料:3,000円別途要)


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


合格後の更新について

スポーツリーダー以外のスポーツ指導者資格の認定期間は資格登録後4年間です。(スポーツリーダーの有効期限はありません。)資格を更新するためには、資格有効期限が切れる6か月前までに、日本体育協会あるいは当該中央競技団体等の定める研修会を最低1回受けることが義務づけられており、有効期限が切れる6ヵ月前までに所定の研修を済まされた方には、資格有効期限が切れる約2ヵ月前に登録手続き書類が送付されます。更新登録手続を行わない場合は、資格が失効します。公認スポーツ指導者の登録に関わる規程


受講申込・問合せ

公益財団法人 日本体育協会スポーツ指導者育成部育成課 03-3481-2226

ホームページ

公益財団法人 日本体育協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら    スクールを探してみる


スポーツ指導者に関連する資格

トレーニング指導士  エアロビックダンス・エクササイズ・インストラクター