民間資格 トレーニング指導士

トレーニング指導士とは?

ウエイト・トレーニング、サーキット・トレーニング等の指導経験のある人に対して、指導者としての資質をさらに高め、正しいトレーニングの普及・発展と国民の健康と体力づくりの能力を認定する資格です。
資格の有効期限は4年間で、有効期限までに、研修を受講する必要があります。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。合格率は92%ほど。講習をきちんと聴いておけばほぼ受かります。
就職は? 公共の施設、スポーツクラブなど。
仕事内容は? ウェイトトレーニングやサーキットトレーニングの指導を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●講習・・・・

1. 満20歳以上の健康な男女で以下のいずれかに該当する者。
2. スポーツ施設等で指導している方、あるいは指導者を目指している方。

●試験

日本体育施設協会主催のトレーニング指導士養成講習会を修了した者。


受験内容

●講習(4日間:23時間15分/定員100名)

□日本のスポーツの現状と課題

@生涯スポーツをとりまく社会環境(60分)、
A競技スポーツをとりまく社会環境(60分)

□トレーニングの理論

@トレーニングの原則・方法(120分)、Aトレーニングの計画・評価(120分)

□スポーツとエネルギー

@エネルギーの利用(60分)、Aエネルギーの補給(60分)

□トレーニングと傷害予防・復帰

@安全管理と応急処置(60分)、A内科(60分)、B外科(60分)

□トレーニングの実際

@身体部位の軸(180分)
A対象者の軸
 ・幼児・児童期、成長期のトレーニング(90分)
 ・肥満者・女性・高齢者のトレーニング(180分)
 ・傷害者のトレーニング(90分)

□トレーニング施設の管理・運営

@法的責任とリスク管理(75分)、A事業展開、接遇、広報集客(60分)

□スポーツ救急手当講習会(基礎コース)(60分)
□スポーツ救急手当講習会(プロバイダーコース)【希望者】(4時間)

●試験(希望者:1時間30分/定員100名)

□理論

@トレーニングの理論
 ・トレーニングの原則・方法
 ・トレーニングの計画・評価
Aスポーツとエネルギー
 ・エネルギーの利用
 ・エネルギーの補給(栄養)
Bトレーニングと傷害予防・復帰
 ・安全管理と応急処置
 ・内科
 ・外科
C法的責任とリスク管理

□実技

願書申込み受付期間

5月下旬頃の5日間程度。


受験日程

●講習

7月中旬頃の4日間

●試験

7月中旬頃の4日間


受験地

東京


受験料

●講習

20,000円

●試験

15,000円(協会会員は10,000円)別途登録料20,000が必要です。
(トレーニング指導士養成講習会料金は20,000円)


合格発表日

試験終了、約2ヶ月後


合格後の更新について

トレーニング指導士の有効期間は4年間です。
更新するためには、4年間の内に1回義務研修を受講する必要があります。
更新せず失効扱いになった場合でも、更新に必要な義務研修の受講後、協会まで連絡することで再認定を受けられますが、失効期間が長期にわたる場合または、失効理由が正当ではない場合は再登録することができない場合があります。
資格更新登録料:20,000円(4年間/税込み)


受験申込・問合せ

公益財団法人 日本体育施設協会 03-5972-1983

ホームページ

公益財団法人 日本体育施設協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


トレーニング指導士に関連する資格

スポーツ指導者  エアロビックダンス・エクササイズ・インストラクター