民間資格 アルミニウム溶接技術評価試験

アルミニウム溶接技術評価試験とは?

アルミニウムのティグ溶接・ミグ溶接の技能をJIS Z 3811(アルミニウム溶接技術検定における試験方法及び判定基準)に基づいて試験する資格認定です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。合格率は80%ほど。
就職は? 建設業界など。細かな技術が要求され難しいとされるアルミニウムの溶接を行う技術者は、慢性的に人材が不足しており、有資格者のニーズは多い。
仕事内容は? アルミニウムの溶接を行います。
年収は? 溶接工の平均年収は412.8万円(賞与込)です。

平成28年 男性  給料


 

平成28年 女性  給料


平均年収:416.8万円
平均月収:30.0万円
平均時給:1,538円
年間賞与等:56.7万円
平均年齢:41.1歳
平均勤続年数:10.4年

 

平均年収:294.3万円
平均月収:21.4万円
平均時給:1,169円
年間賞与等:37.3万円
平均年齢:38.1歳
平均勤続年数:6.8年

(平成28年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●基本級(ティグ又はミグ)

1か月以上アルミニウムの溶接技術を取得した満15歳以上の者。

●専門級(ティグ又はミグ)

実務経験3ヶ月以上の15歳以上の者で、基本級の有資格者


試験内容

●学科試験

@溶接用のアルミニウム合金材料の概要、A容加材と溶接部の性質の概要、
B溶接施行法の概要、C溶接災害防止法など

●実技試験

@薄板、中板、厚板、パイプ(薄肉、中肉、厚肉)の突合せ溶接、
A試験材の表曲げ、裏曲げ、側面曲げ試験


願書申込み受付期間

受験日の1ヶ月前(定員に達した場合は途中で締め切ります。)


試験日程

毎月2〜4回程度


受験地

北海道、宮城、山形、富山、福島、群馬、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、
兵庫、大阪、広島、島根、香川、熊本、福岡


受験料(税込み)

●学科試験・・・・1,130円(学科追試は、2,200円)
●実技試験・・・・8,040円〜50,770円。
詳しくはこちらをご覧下さい。


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。
下記に該当する認定料が別途必要です。
 ・新規及び再認証:4,170
 ・サーベイランス:4,320
 ・証明書再発行:4,640


合格後の更新について

アルミニウム溶接技術検定制度の有効期間は1か年で2回のサーベイランス(継続手続き)が受けられます。
資格取得から3年を経過する前に再認証試験(更新試験)を受ける必要があります。再認証試験は新規試験と同じ実技試験を行い適格とされた場合に再認証されます。
更新を行わなかった場合、資格が失効します。


受験申込・問合せ

一般社団法人 軽金属溶接構造協会 03-3863-5545

ホームページ

一般社団法人 軽金属溶接構造協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


アルミニウム溶接技術評価試験に関連する資格

ガス溶接技能者  ガス溶接作業主任者  溶接管理技術者


アルミニウム溶接技術検定

 がとれる通信教育・スクール

技術関連通信講座一筋に行ってきた職業訓練法人。異業種の知恵も取り入れた専門性の高い通信教育講座を提供。