民間資格 個人情報保護オフィサー検定

個人情報保護オフィサー検定とは?

個人情報保護士認定試験とは、、個人情報保護法に従い、個人情報の概念、利用制限、情報の安全確保、リスク、保護対策などを体系的に理解し、実際の事業活動に支障なく管理・運営・活用を行なえる知識・能力を有するエキスパートを認定する資格です。
  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は不明です。
就職は? 個人情報を扱う企業ならどこでも。個人情報の漏洩問題がとりざさされている現在、モラルを持った有資格者の需要はとても高く、プライバシーマークを取得する企業も増えている状況から、将来的にも需要が拡大すると思われる。
仕事内容は? 企業における個人情報保護の策定、実施、管理、社員教育の実施などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●銀行コース(四答択一式:50問/100分)

  • ① 個人情報保護制度の概要(立法目的、個人情報保護法令、各種ガイドライン、要配慮個人情報・機微(センシティブ)情報等の定義、等)
  • ② 取扱いの基本ルール(個人情報・個人データの取得・利用・第三者提供、共同利用、保管・削除、外部委託、開示請求対応、等)
  • ③ 社内管理体制、漏えい対応等(安全管理措置、漏えい・苦情対応、従業者管理、等)
  • ④ 銀行業務と個人情報保護(預金・為替業務と個人情報保護、融資業務と個人情報保護、その他業務と個人情報保護、等)

●生命保険コース(四答択一式:50問/100分)

  • ① 個人情報保護制度の概要(立法目的、個人情報保護法令、各種ガイドライン、要配慮個人情報・機微(センシティブ)情報等の定義、等)
  • ② 取扱いの基本ルール(個人情報・個人データの取得・利用・第三者提供、共同利用、保管・削除、外部委託、開示請求対応、等)
  • ③ 社内管理体制、漏えい対応等(安全管理措置、漏えい・苦情対応、従業者管理、等)
  • ④ 生命保険業務と個人情報保護(要配慮個人情報と機微情報の取扱い、募集・引受・保険金支払業務と個人情報の取扱い、代理店業務と個人情報保護、等)

合格基準

●各コース

100点満点中、70点以上の得点で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

「ハンディキャップ受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-5209-0552もしくは、E-mail:help@cbt-s.comに送付して下さい。


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

全国各地で実施


受験料(税込み)

各コース 4,320円


合格発表日

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

一般社団法人 金融財政事情研究会検定センター 03-3358-0771
CBTソリューションズ 03-5209-0553

ホームページ

一般社団法人 金融財政事情研究会 個人情報保護オフィサー 銀行コース
一般社団法人 金融財政事情研究会 個人情報保護オフィサー 生命保険コース
CBTソリューションズ


参考書・問題集

関連書籍はこちら


個人情報保護オフィサー検定に関連する資格

情報処理安全確保支援士  SEA/J