民間資格 GCDF-Japanキャリアカウンセラー能力試験

GCDF-Japanキャリアカウンセラー能力評価試験認定とは?

GCDF-Japanキャリアカウンセラー能力評価試験認定とは、国際的なキャリアカウンセラー基礎能力を認定する資格です。
  インターネットで申し込める資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、筆記:68.3%、実技:61.9%ほど。
就職は? 企業の人事部門、人材サービス企業、学校の教員など。カウンセリングのトレーニングなど、実践的なスキル習得ができるうえ、大手人材系企業が後援しており、取得後の職場についても拡大の傾向にあります。
仕事内容は? 企業人事や教育研修部門の関連業務としてのキャリア相談、人材サービス企業での斡旋や派遣の現場でのキャリア面談、自治体等でのキャリア支援業務などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム

社会人経験3年以上の者
(ただしGCDF-Japanの資格認定を受けるためには、「キャリアに関する実務経験」が必要です。)


●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム(130時間)修了者 GCDF−Japan 認定トレーニング(130時間)修了者または、カウンセリングまたは、キャリアカウンセリングを専攻し、修士以上の学位を有する者。
(大学院の専攻内容によっては、受験資格として認められない場合もあります。詳しくはキャリアカウンセリング協会・試験事務局までお問い合わせ下さい。)


試験内容

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムを修了された方は

  • キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA実力判定試験)
  • 国家資格キャリアコンサルタント試験

の受験が可能となります。


●GCDF−Japan キャリアカウンセラートレーニング

  • ① 個人のキャリアとキャリアカウンセラーの役割理解
  • ② カウンセリング実技
    (カウンセリングの基礎を理解し、クライアントの気持ちに気づく)
  • ③ カウンセリング実技
    (カウンセリング関係を深めるカウンセラーの応答を理解する)
  • ④ キャリア発達の理論モデル
  • ⑤ カウンセリング実技
    (カウンセリングプロセスの中での関係構築の意味を理解する)
  • ⑥ キャリアの意思決定と行動を支援する
  • ⑦ カウンセリング実技
    (カウンセリング関係を深めるための自分の課題を理解し、実行できるようになる)
  • ⑧ 法規・倫理・人事管理の理解
  • ⑨ カウンセリング実技
    (クライアント視点・カウンセラー視点の理解を通して、問題把握の基礎を掴む)
  • ⑩ カウンセリング実技
    (クライアントが訴えている問題を理解し、カウンセラーとして把握した問題を言えるようになる)
  • ⑪ クライアントの就業活動支援
  • ⑫ ケースマネジメントとCDP

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

□筆記試験(四肢択一:50問、400〜800字程度の論述問題:1問)
□実技問題(ロールプレイング・口述試験/30分)
  • ① ヘルピング(カウンセリング)スキルの確認
    クライアント役と採点官が控えている個室へ入り、ロールプレイを行い、続けてその後に採点官による口頭試問を行います。ロールプレイと口頭試問の内容をもとに合否が決定されます。

合格基準

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

期間:約3か月間/通学12日間(9:30〜18:30)+各種ホームワーク(WEB学習含む)=総学習時間145時間

修了するためにはトレーニング10回以上出席が必要となります。


●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

  • 関係構築、問題把握、具体的展開(※)、自己評価、基本的態度の5項目で採点します。
  • 5項目において、達成度75.0%以上・・a  74.9〜60.0%・・b 59.9〜40.0%・・c 39.9%以下・・d の判定を行います。
  • 関係構築・自己評価・基本的態度の達成度がすべてb以上であること、問題把握・具体的展開の達成度がすべてc以上であることを条件に、総合判定がb以上であれば合格となります。

(※)具体的展開とは・・・GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムで学ぶ「6ステップ・プロセス」の「方策の検討」以降を指します


免除(科目等)について

  • 5年間の間にキャリアコンサルタント国家試験にてもう片方の科目を合格されると、GCDF-Japan資格・国家資格いずれも申請が可能です。
  • 5年間の間にCCA実力判定試験にてもう片方の科目を合格されると、GCDF-Japan資格の申請が可能です。

願書申込み受付期間

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

@12月中旬〜1月上旬頃まで
A3月中旬〜4月上旬頃まで
その他


試験日程

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

@1月下旬頃
A4月下旬頃
その他

受験地により異なります。詳しくは、実施先までお問い合わせください。


受験地

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

東京、大阪、福岡


受験料(税込み)

●研修費用・・・・378,000円
●受験料・・・・31,320円(筆記のみ:9,720円、実技のみ:21,600円)
●資格認定審査料(初年度の資格年間登録料含)・・・・9,770円
●資格年間登録料(2年目・3年目分)・・・・8,640円
●資格更新料(3年ごと)・・・・15,120円


合格発表日

●キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA)

@2月中旬頃
A5月中旬頃
その他


合格後の更新について

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格の有効期間は3年間です。
更新するためには、3年間で45時間の継続学習( GCDF-Japanの12のコンピテンシー及びストレスマネジメントとメンタルヘルス、ファイナンシャルプランニングの分野 いずれかに該当するもの)を行い、エントリーし、更新手数料を支払うことが必要です。
詳細はこちら
●更新手数料・・・・15,120円(税込)


受験申込・問合せ

特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会 03-3591-3569
0120-048-840(講座)
info@career-npo.org

ホームページ

特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


GCDF-Japanキャリアカウンセラー能力評価試験認定に関連する資格

キャリア・コンサルティング技能検定  キャリア・コンサルタント  中小企業診断士


GCDFキャリアカウンセラー

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・