民間資格 Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験とは?

Javaプログラミング能力認定試験とは、Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定する資格です。
  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
累計合格率は、66.6%ほど。
平均的な学習時間は、1級:70時間、2級:100時間、3級:110時間。
就職は? 通信会社、Webコンテンツ制作会社、アミューズメント関連企業など。さまざまな表現が駆使される現在、OSに依存しないJavaの技術は重要視されており、Javaプログラマーの数が不足していることから、Javaプログラマーへの求人はとても多い。 就職するには、実務経験があればいいが、なければ最低2級以上+SJCなどの資格と合わせて取得しておきたい。
仕事内容は? システムエンジニアやネットワークエンジニアが作成したシステム開発仕様書に基づき、Webサーバ構築、Web系アプリケーションシステム(ネットワーク系、音楽配信などのエンターテイメント系、商品管理データベースなど)の開発を行います。
年収は? プログラマーの平均年収は408.4万円(賞与込)です。

平成27年 男性  給料


 

平成27年 女性  給料


平均年収:418.6万円
平均月収:30.7万円
平均時給:1,696円
年間賞与等:50.1万円
平均年齢:33.2歳
平均勤続年数:6.5年

 

平均年収:361.3万円
平均月収:26.2万円
平均時給:1,518円
年間賞与等:46.0万円
平均年齢:30.4歳
平均勤続年数:5.1年

(平成27年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら    スクールを探してみる    ソフトで資格取得
    
この資格を活かせる会社を見てみる@

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

※上位の級は、下位の級の範囲を含みます。
●1級(実務試験:2問必須/150分)

テーマプログラム[人材派遣管理プログラム]に対する仕様変更、仕様追加等の課題についてのプログラム作成。 (変更仕様書の作成を含む)


●2級:筆記試験
(多肢選択式と記述式の併用:大問7問<6問必須、1問選択>/90分)

  • ① 演算子
  • ② クラスと継承
  • ③ 変数とメソッド
  • ④ 総称
  • ⑤ パッケージ
  • ⑥ 例外処理
  • ⑦ スレッド
  • ⑧ クラスライブラリ
  • ⑨ アプレット

●3級:筆記試験(多肢選択式と記述式の併用:大問6問/60分)

  • ① Javaの基礎
  • ② Javaの扱うデータ
  • ③ 演算子
  • ④ 制御文
  • ⑤ クラスとメソッド


合格基準

●1級〜3級

満点中、60%以上の得点率で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

障害の状態と、個別に状況をお伺いし、会場の状況を判断するため、申込前に事務局までご連絡下さい。


願書申込み受付期間

@2月中旬〜6月上旬頃まで
A7月中旬〜8月中旬頃まで
B9月下旬〜1月上旬頃まで


試験日程

●1級・・・・@6月下旬頃(年1回)
●2級・・・・@6月下旬頃、B1月下旬頃(年2回)
●3級・・・・@6月下旬頃、A9月上旬頃、B2月上旬頃(年3回)


受験地

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡


受験料(税込み)

●1級・・・・7,600円
●2級・・・・6,200円
●3級・・・・5,100円


合格発表日

@7月下旬頃
A10月上旬頃
B3月上旬頃


受験申込・問合せ

株式会社サーティファイ認定試験事務局 0120-031-749

ホームページ

ビジネス能力認定サーティファイ


参考書・問題集

関連書籍はこちら    スクールを探してみる    ソフトで資格取得
    
この資格を活かせる会社を見てみる@


Javaプログラミング能力認定試験に関連する資格

Web検定  Sun Java Certification  UMTPモデリング技能認定


Javaプログラミング能力認定試験

 がとれる通信教育・スクール

簿記、税理士等多くの講座から通学、通信など自分のスタイルに合わせて勉強できます。全国30以上の拠点で勉強から就職までをサポート  詳しく・・・