民間資格 ネットショップ実務士(ネットショップ検定)

ネットショップ実務士(ネットショップ検定)とは?

ネットショップ実務士(ネットショップ検定)とは、消費者向けイーコマース(ネットショップ)事業者と、そこで働きたい人材とを適切に結びつけるために、ネットショップで勤務するために必要な能力を、特定の事業者に偏らない基準により評価・認定する資格。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は不明です。
就職は? 電子商取引を行っている業種ならどこでも。ネットショップ市場は急速に拡大しており、人材採用も市場の伸びと共に増えることも予想されていますので、Eコマース業界への就業を目指している方は、今の内に取得しておいても良い資格です。

この資格の書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

●レベル3

優良ネットショップでの勤務実績
※勤務実績認定証明書(excel)はこちらからダウンロードして下さい。

証明する勤務実績は、取得申請する資格の職種ごとに異なります。
詳しくは勤務実績認定申請書にある「勤務実績の記入の仕方」をご参照ください。
勤務実績は、前職時の実績、運営代行での実績、派遣先での実績でも、ご担当のショップが上記条件の該当していれば問題ありません。
ただし、コンサルティング等、運営に直接携わっていない場合は、勤務実績とは見なしません。

※優良ネットショップの条件とは
@連続した3ヶ月においてネットショップによる3ヶ月間の総売上が500万円
 以上、かつ、ネットショップによる単月の売り上げが100万円以上。
※勤務実績の証明とは
A該当期間に40営業日以上の勤務経験がある
 (実際にネットショップ運営に携わっている)こと。
 なお、この実績は、申請日より3年以内の実績。
※優良ネットショップでの証明とは
B雇用主・上司による勤務実績認定申請書への署名・捺印が条件となります。
 (証明が難しい場合は第三者認定機関による証明、もしくはネットショップ
 実務士レベル3実績認定対象講座受講で代替可能です。)

●レベル1・レベル2

制限なし


試験内容

●レベル3:実践力の証明

□面接

提出した実績内容や論文、レポート等が本人の物であることを確認するための面接試験。
(レベル2合格者は免除)

※優良ネットショップでの勤務実績無しの場合や、証明が難しい場合は

  • ① 第三者機関での実績証明(料金は1万円(税込)程度)
  • 第三者機関による勤務状態実績等の調査
  • レポートの提出
  • ② ネットショップ実務士レベル3実績認定対象講座受講(3ヶ月程度/157,500円)
  • レポート、論文の提出

のいずれかを完了することで、「優良ネットショップでの勤務実績相当」となり、ネットショップ実務士レベル3資格取得の前提条件を満たすことができます。


認定職種は以下の通りです。
□マネジメント(M)

認定基準:
マーケティング、Web制作、ショップ運営など、ネットショップ全体に必要な専門知識を持ち、実践スキルがあると認められる。
能力評価ポイント:

  • ① EC事業で利益を上げるためのロジカルシンキング
  • ② 業務の仕組み化
  • ③ 運営、Web制作、プロモーションの専門知識
  • ④ 他の職種メンバーとの連携、コミュニケーション
□プロモーション(P)

認定基準:
優良なネットショップにてプロモーション業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知している。
能力評価ポイント:

  • ① プロモーションサービスの知識
  • ② プロモーションの実施、ツールの操作
  • ③ プロモーション評価の読み方、ツールの操作
  • ④ 他の職種メンバーとの連携、コミュニケーション
□Web制作(W)

認定基準:
優良なネットショップにてサイト制作およびサイト運用業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知している。
能力評価ポイント:

  • ① 良いレイアウト、良いエレメンツの評価
  • ② Webサイト制作の基本的な実務、主要ツールの操作
  • ③ 他の職種メンバーとの連携、コミュニケーション
□運営(O)

認定基準:
優良なネットショップにて運営業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知している。
能力評価ポイント:

  • ① 適切な運営フローの構築、実施、効率改善(受注処理、発送処理、問い合わせ・クレーム対応、商品管理の、常識、事例、改善アイディア)
  • ② 高品質かつ効率的な顧客コミュニケーション(顧客のシーンと心理の把握)
  • ③ 他の職種メンバーとの連携、コミュニケーション

●レベル2:実践知識(4肢選択:70問/80分)

□運営業務(【1】15問)
  • ① 受注〜出荷指示
  • ② 物流センター業務
  • ③ 問い合わせ対応、クレーム対応
  • ④ 商品管理
□Web制作業務(【2】17問)
  • ① トップページ
  • ② 商品ページ
  • ③ その他ページ
  • ④ 商品写真の企画と撮影技法
  • ⑤ カラーデザイン
□ライティング(【3】11問)
  • ① キャッチコピー・文章
  • ② メールマガジン
□Web制作業務(【2】3問)
  • ① 知っておくべき知識
□ライティング(【3】4問)
  • ① 新規顧客獲得(キーワードマネジメント)
□プロモーション業務等(【4】5問)
  • ① 新規顧客獲得(キーワードマネジメント以外)
  • ② リピート購入(リテンション)
  • ③ EC業界ニュース
  • ④ 日本の経済動向、用語など一般常識

●レベル1:基礎知識(4肢選択:70問/80分)

□ビジネス知識(【1】15問)
  • ① ネットショップのビジネス環境
  • ② 小売業の分類と特徴
  • ③ ネットショップの位置づけ
  • ④ ネットショップの動向
□前提知識(【2】18問)
  • ① ネットショップの出店形態と特徴
  • ② ネットショップ事業の準備
□実施知識(【3】29問)
  • ① ネットショップの制作
  • ② ネットショップのプロモーション
  • ③ ネットショップの運用
□ビジネス知識(【1】8問)
  • ① ネットショップ業界に必要なスキル
  • ② 社会人としての基礎知識

合格基準

●レベル3

□マネジメント(M)

マーケティング、Web制作、ショップ運営など、ネットショップ全体に必要な専門知識を持ち、実践スキルがあると認められると合格になります。

□プロモーション(P)

優良なネットショップにてプロモーション業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知していると合格になります。

□Web制作(W)

優良なネットショップにてサイト制作およびサイト運用業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知していると合格になります。

□運営(O)

優良なネットショップにて運営業務に一定以上携わった経験があり、定常業務を熟知していると合格になります。


●レベル2

以下の条件を全て満たすことで合格となります。
@全60問中70%(49問)以上の正答率。
A【1】【2】【3】【4】の合格評価カテゴリごとに、50%以上の正答率。


●レベル1

以下の条件を全て満たすことで合格となります。
@(全70問中70%(49問)以上の正答率。
A【1】【2】【3】の合格評価カテゴリごとに、50%以上の正答率。


免除(科目等)について

レベル2合格者は、レベル3の「面接」が免除されます。


身体上の障害等に係る特別措置について

受験地により対応が異なりますので、申込前に実施先までお問い合わせ下さい。


願書申込み受付期間

●レベル1・レベル2

@11月上旬〜〜1月下旬頃まで
A3月上旬〜5月下旬頃まで
B9月上旬〜11月上旬頃まで


試験日程

●レベル1・レベル2

@2月下旬頃
A6月下旬頃
B12月上旬頃


受験地

●レベル1・レベル2

全国各地の株式会社JJS Plus認定会場


受験料(税込み)

●レベル3(資格申請料)・・・・7,000円(レベル2保有者のみ)
 ※レベル3は、レベル2保有者以外は現在受付を中止しています。
●レベル2・・・・7,500円
●レベル1・・・・6,500円


合格発表日

●レベル1、レベル2

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

一般財団法人 ネットショップ能力認定機構 03-3374-3431
mail:info@acir.jp
問い合わせフォーム

ネットショップ実務士レベル3検定事務局 03-3374-3431


●レベル1、レベル2

株式会社JJS Plus 03-3235-4001(専用窓口)

ホームページ

一般財団法人 ネットショップ能力認定機構
株式会社JJS Plus Test Center


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら


ネットショップ実務士(ネットショップ検定)に関連する資格

リテールマーケティング(販売士)検定試験  通販エキスパート検定