民間資格 任意後見コンサルタント

任意後見コンサルタントとは?

任意後見コンサルタントとは、任意後見制度や成年後見制度に関する知識を教育することによって、制度利用のアドバイスをしたり、必要であれば後見人となり、後見事務を遂行することができる人材を養成することを目的にした資格。第一段階である任意後見コンサルタント補の受験料は無料(認定料は3,000円必要)。なお、「任意後見コンサルタント」の商標権は任意後見コンサルタント協会が所有しています。
  自宅・ネットで取れる資格  無料で受験できる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? 初級:★☆☆☆☆(やさしい)。
近年合格率は初級:50%ほど。
就職は? この資格を取得しても就職に活かせません。任意後見人に選ばれた方は、本人と任意後見受任者との間で締結した報酬を受け取ることができます。(報酬については基準がありません。)一般的な報酬として専門家に依頼した場合は月額3万円程度。
仕事内容は? 自宅等の不動産や預貯金等の管理、年金の管理、税金や公共料金の支払いなどの「財産管理」と要介護認定、介護サービス提供契約の締結、老人ホームの、入居契約医療契約、費用の支払などの「生活におけるバックアップ」を行います。

任意後見人になるために特別な資格は必要ありません。ただし、以下の者は任意後見人になることができません。
@未成年者
A家庭裁判所で免ぜられた法定代理人、保佐人、補助人
B破産者
C本人に対して訴訟をしている(した)者。その配偶者・直系血族
  (子、親など)
D行方不明の者
E不正な行為及び著しい不行跡など任意後見人の任務に適しない事由が
  ある者

関連書籍はこちら    専用テキストはこちら

 資 格 概 要

受験資格

●任意後見コンサルタント補(初級)

制限無し。

●任意後見コンサルタント(中級)

初級取得後1年以上経過した者。

●任意後見コンサルタント(上級)

中級取得後1年以上経過した者。


試験内容

●任意後見コンサルタント補(初級)(20問:2択式)

@成年後見制度と任意後見制度、A成年後見制度と安全な取引について、
B任意後見契約の利用形態、C成年後見制度と司法書士会等の業界動向、
D任意後見契約公正証書、E任意後見監督人の選任手続き、
F任意後見人の職務、G任意後見監督人の職務、H任意後見契約の解除、
I任意後見人の解任、J任意後見契約の登記、
K成年後見制度と地域福祉権利擁護事業の関係、
L遺言と上手な任意後見制度の利用の仕方、M相続発生時の手続き、
N法定相続人の範囲と順位および法定相続分、O借金を残して死亡した場合、
P代襲相続、Q養子の相続、R母の連れ子の相続、S特別受益 など

●任意後見コンサルタント(中級)(20問:2択式)

@成年後見制度と任意後見制度、A成年後見制度と安全な取引について、
B任意後見契約の利用形態、C成年後見制度と司法書士会等の業界動向、
D任意後見契約公正証書、E任意後見監督人の選任手続き、
F任意後見人の職務、G任意後見監督人の職務、H任意後見契約の解除、
I任意後見人の解任、J任意後見契約の登記、
K成年後見制度と地域福祉権利擁護事業の関係、
L遺言と上手な任意後見制度の利用の仕方、M相続発生時の手続き、
N法定相続人の範囲と順位および法定相続分、O借金を残して死亡した場合、
P代襲相続、Q養子の相続、R母の連れ子の相続、S特別受益 など

●任意後見コンサルタント(上級)

改定検討中


願書申込み受付期間

●任意後見コンサルタント補(初級)・・・・随時
●任意後見コンサルタント(中級)・・・・随時
●任意後見コンサルタント(上級)・・・・現在改定検討中のため、未実施


試験日程

●任意後見コンサルタント補(初級)・・・・随時
●任意後見コンサルタント(中級)・・・・随時
●任意後見コンサルタント(上級)・・・・現在改定検討中のため、未実施


受験地

●任意後見コンサルタント補(初級)・・・・インターネット受験
●任意後見コンサルタント(中級)・・・・インターネット受験
●任意後見コンサルタント(上級)・・・・


受験料

●任意後見コンサルタント補(初級)・・・・無料(認定料3,000円)
●任意後見コンサルタント(中級)・・・・1,000円(認定料5,000円)
●任意後見コンサルタント(上級)・・・・2,000円(認定料10,000円)


合格発表日

●任意後見コンサルタント補(初級)・・・・試験終了後即時
●任意後見コンサルタント(中級)・・・・試験終了後即時
●任意後見コンサルタント(上級)・・・・現在改定検討中


合格後の更新について

任意後見コンサルタントの有効期間は2年間です。
更新するためには、簡単なテスト(制度改正・法改正における、資格保有者としてそれらに対処できる知識)を受験する必要があります。更新を行わなかった場合は、資格が失効し、尚かつ認定証書の返還を要求される場合があります。

○更新料
初級・・・・非会員:2,000円/会員:無料
中級・・・・非会員:6,000円/会員:4,000円
上級・・・・非会員:12,000円/会員:8,000円

会員については、こちらをご覧下さい。


受験申込・問合せ

任意後見コンサルタント協会 info@ninikouken.com

ホームページ

任意後見コンサルタント協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


任意後見コンサルタントに関連する資格

司法書士  社会福祉士  司法試験