民間資格 パソコン整備士

パソコン整備士とは?

パソコン整備士とは、パソコンのソフトウェア、ハードウェアおよび個人情報の保護と情報倫理の知識を認定する資格です。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  更新が必要な資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は60%程度。
就職は? パソコン関連企業、パソコンショップ店員、スクール講師など。リサイクルの重要性、故障の原因の切り分けなどにおいてメンテナンス知識は必要。ただ年会費を何年も払い、資格を維持するのは?
仕事内容は? パソコンの故障診断やトラブル解消、ユーザーへのアドバイスなどを行います。顧客と直接接する機会が多いのでコミュニケーション能力も必要です。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

試験は3級から1級まで順次受験しなくてはなりません。


試験内容

●1級(多肢選択式:80問/90分)

  • ① サーバ構成
  • ② サーバ運用と保守
  • ③ 企業ネットワーク
  • ④ トラブルシューティング、D情報倫理

●2級(多肢選択式:80問/90分)

  • ① ハードウェアの上位知識と設定
  • ② ソフトウェアの知識
  • ③ ネットワークの構成
  • ④ インターネットセキュリティ
  • ⑤ トラブルシューティング
  • ⑥ 情報倫理

●3級(2択式・多肢選択式:80問/90分)

  • ① ハードウェアの知識
  • ② ソフトウェアの知識
  • ③ インターネット接続
  • ④ インターネットセキュリティ
  • ⑤ トラブルシューティング
  • ⑥ 情報倫理

合格基準

●1級

満点中、80%以上の正答率で合格となります。


●2級、3級

満点中、70%以上の正答率で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

「ハンディキャップ受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-5209-0552もしくは、E-mail:help@cbt-s.comに送付して下さい。


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

全国各地のCBTS会場


受験料

●1級・・・・6,480円
●2級・・・・6,480円
●3級・・・・6,480円

その他、資格認定に関して以下の費用が必要です。

  • IDライセンスカード、認定証発行料及び活動会員登録料・・・・3,000円
  • 入会金・・・・2,000円
  • 年会費・・・・5,000円(学生は免除)

合格発表日

試験終了後、即時


合格後の更新について

試験に合格後、活動会員としての入会と会費の納付を済ませ、パソコン整備士資格の認定を受けた方の有効期間は1年間です。
会費の納入の督促を受けても支払わない場合や、会費を2年間にわたり滞納が生じた場合は、資格が失効します。
資格の継続を行う場合は、以下のいずれかの会費を支払わなければなりません。

  • 入会金
  • (1) 個人正会員:1口/5,000円
  • (2) 活動会員:1口 /2,000円
  • (3) 個人賛助会員:1口/15,000円
  • (4) 法人・団体賛助会員:1口/30,000円

  • 会費
  • (1) 個人正会員:1口/10,000円
  • (2) 活動会員:1口/5,000円
  • (3) 個人賛助会員:1口/30,000円
  • (4) 法人・団体賛助会員:1口/60,000円

受験申込・問合せ

特定非営利活動法人 パソコン整備士協会 03-5577-6182(代表)
CBTS 受験サポートセンター 03-5209-0553

ホームページ

特定非営利活動法人 パソコン整備士協会
CBTソリューションズ


参考書・問題集

関連書籍はこちら


パソコン整備士に関連する資格

A+認定プログラム(コンプティア)