民間資格 A+認定プログラム(コンプティア)

A+認定プログラム(コンプティア)とは?

ITプロフェッショナルとしてのPCサービス全般に対応する基礎的なスキルを証明する資格です。資格の有効期限は取得から3年間。有効期限内に、CE((継続教育))プログラムへの登録をすることで再度受験をすることなく、資格を更新することが可能です。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  更新が必要な資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は35%ほど。
独学で十分取得できます。
勉強時間は? 勉強時間は25時間〜。
パソコンを自作できる知識があれば参考書問題集で基礎的な部分を繰り返し勉強すれば割と楽に取得できる資格です。自作パソコンの知識がなくてもTACのA+参考書問題集を繰り返し勉強することにより比較的楽に取得できるはずです。
就職は? パソコン関連企業、パソコンショップ店員、スクール講師など。リサイクルの重要性、故障の原因の切り分けなどにおいてメンテナンス知識を持った技術者の需要が求められています。
仕事内容は? パソコンの故障診断やトラブル解消、ユーザーへのアドバイスなどを行います。顧客と直接接する機会が多いのでコミュニケーション能力も必要です。

参考書はこちら    問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●CompTIA A+ 220-901(90問/90分)

  • ① ハードウェア(34%)
  • ② ネットワーク(21%)
  • ③ モバイルデバイス(17%)
  • ④ ハードウェアとネットワークトラブルシューティング(28%)

●CompTIA A+ 220-902(90問/90分)

  • ① Windowsオペレーティングシステム(29%)
  • ② その他のオペレーティングシステム(12%)
  • ③ セキュリティ(22%)
  • ④ ソフトウェアトラブルシューティング(24%)
  • ④ 運用手順(13%)

※ A+になるには上記の双方に合格する必要があります。


合格基準

●CompTIA A+ 220-901

900満点中、675スコア以上で合格となります。


●CompTIA A+ 220-902

900満点中、700スコア以上で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)


許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能


願書申込み受付期間

随時


試験日程

毎日実施(土、日、祝日の日程は試験会場により異なります。)


受験地

全国の認定テストセンター


受験料(税込み)

1科目 24,840(会員価格:1科目 21,114円)


合格発表日

試験終了後、即時


合格後の更新について

2011年1月1日以降に取得したCompTIA A+の有効期間は3年間です。
更新するためには、継続教育ユニット(CEU:Continuing Education Unit「CEU」)を取得することで、認定資格の更新をすることが出来ます。
また、2010年12月31日以前に、CompTIA A+を1つ、もしくは複数取得している場合、CEプログラムへの登録/未登録に関わらず、有効期限は無く、生涯認定となります。


受験申込・問合せ

ピアソンVUE 0120-355-583

ホームページ

CompTIA
ピアソンVUE


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら


A+認定プログラム(コンプティア)に関連する資格

CISCO技術者認定  MCP・MCSA・その他  パソコン整備士