民間資格 XML技術者認定制度(XMLマスター)

XML技術者認定制度(XMLマスター)とは?

XML技術者認定制度(XMLマスター)とは、構造化した文書を記述するためのSGMLをWeb上で使用できるようにした言語であるXMLのエンジニアに必要な技術レベルをを認定する資格です。
  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。合格率は60%ほど。近年受験者が増えている注目資格です。
就職は? IT系企業。あらゆるシステムに使われるであろうXMLは注目を集めおり、その技術者の需要も拡大するものと思われます。
仕事内容は? 企業間電子商取引、アプリケーション間連携、コンテンツ管理、電子申請などのあらゆるシステムのプログラミングを行います。

参考書はこちら    問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@

 資 格 概 要

受験資格

●ベーシック・・・・制限なし
●プロフェッショナル・・・・ベーシック取得者(ベーシックとの同日受験可能)


試験内容

※認定の種類と対応する試験
●XMLマスター:ベーシック

ベーシックV2 【試験番号:I10-001】の合格

●XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)

ベーシック取得とプロフェッショナル アプリケーション開発【試験番号:I10-002】の合格

●XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)

ベーシック取得とプロフェッショナル(データベース)【試験番号:I10-003】の合格
で認定されます。



●ベーシックV2 【試験番号:I10-001】(60分/50問)

□XML概要
  • ① XMLの概要
  • ② XML関連技術の概要
□XML文書の作成
  • ① 文法
  • ② 要素・属性・実体
  • ③ 妥当なXML文書、整形式XML文書
  • ④ 特殊な文字/文字コード・エンコーディング/XML文書の正規化
□DTD
  • ① 基礎
  • ② 内容モデル/要素型宣言/属性リスト宣言/実際の処理/エンティティ宣言
□XML Schema
  • ① 基礎
  • ② データ型/記述方法/実際の処理
□XSLT, XPath
  • ① 基礎
  • ② 各要素/テンプレート/文字エンコーディング/実際の変換処理
  • ③ スタイルシート内で記述するXPath式
□名前空間
  • ① XML名前空間

●プロフェッショナル アプリケーション開発【試験番号:I10-002】(90分/40問)

※ベーシック+プロフェッショナル(アプリケーション開発)試験の合格で認定されます。
□DOM/SAX
  • ① DOM Level2の目的と種類、特徴
  • ② DOMの各インターフェイス
  • ③ SAXの目的と種類、特徴
  • ④ SAXのイベントとインターフェイス
□DOM/SAXプログラミング
  • ① DOMプログラミング
  • ② SAXプログラミング
□XSLT
  • ① XSLTスタイルシートの処理
  • ② XSLTスタイルシートの記述
□XML Schema
  • ① XML Schemaの設計
□XML処理システム構築技術
  • ① XMLデータ通信
  • ② XMLのセキュリティ
  • ③ XMLとシステム連携
□XML要素技術の活用
  • ① サンプルシステムの構築

●プロフェッショナルデータベース【試験番号:I10-003】(90分/30問程度)

※ベーシック+プロフェッショナル(データベース開発)試験の合格で認定されます。
□XMLデータのDB化に関する概要
  • ① XMLデータをDB化する際の方式
  • ② XMLDBの特徴/リレーショナルフォーマットとの違い/ファイルシステムにXMLデータを格納することとの違い
  • ③ XMLDBに関連するW3C仕様の概要
□XQuery、XPath式
  • ① XQuery1.0の基本構文
  • ② XPath2.0の基本構文
□XMLDBの操作
  • ① XMLDB操作時の考慮点、
    (文字エンコーディング/空白文字/混合内容/特殊文字を含むXMLデータの扱い/データの完全な再現性/デフォルト値の扱い/DTDのID型/スキーマによる妥当性チェックの際の考慮点)
  • ② XQueryインジェクション
□XMLデータ構造の設計
  • ① XMLDBのサイジング
  • ② XMLデータ設計上の考慮点/パフォーマンスを考慮した設計/名前空間の設計
  • ③ スキーマ変更に関する考慮点/インデックス作成時の考慮点/制約の作成
  • ④ XMLデータをRDBにマッピングする際のテーブル設計
  • ⑤ RDBのリレーショナルフォーマットをXMLデータで取り出す際のXMLデータ設計
  • ⑥ 利用可能なセキュリティ方式ごとの特徴、使い分け
    (XML固有のセキュリティ/DBMS側のセキュリティ/インターネットセキュリティ)

合格基準

I10-001:満点中、70%以上の得点率で合格となります。
I10-002:満点中、80%以上の得点率で合格となります。
I10-001:満点中、80%以上の得点率で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

「特別受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-6204-9649もしくは、E-mail:regist@prometric.comに送付して下さい。
なお、車椅子をご利用の方の場合は、受験会場が用意できない場合がありますので、予約の際にプロメトリック(株)(03-6204-9830)まで、必ずお知らせ下さい。
※承認に要する時間は、内容によって1〜4週間かかる場合もあります。


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

全国各地約100箇所


受験料(税込み)

各16,200円


合格発表日

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

XML技術者育成推進委員会 運営事務局 メールフォーム
プロメトリック梶@03-6204-9830

ホームページ

XML技術者育成推進委員会運営事務局
プロメトリック


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる@


XML技術者認定制度(XMLマスター)に関連する資格

Web検定  WEBクリエイター能力認定