国家資格 ダム管理主任技術者

ダム管理主任技術者とは?

水力発電やかんがい用水などのために河川区域にダム(長さ15メートル以上)において、ダムの維持管理や操作を行うダム管理の専門家です。
  業務独占資格  必置資格  講習プラス試験で取れる資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習と終了考査で取得できます。
就職先は? 電力会社、河川管理会社など。
仕事内容は? 水力発電やかんがい用水などのためのダム施設等において、ダムおよび貯水池の維持操作その他管理に関する全般的な仕事を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

受験資格者の年齢は、満21才から65才までの者で、以下に該当する者。

  1. 大学の土木工学に関する学科を卒業し、ダムまたは、河川の管理に関し実務2年以上の経験者(土木工学以外は3年以上)
  2. 高校、旧中等学校において、正規の土木に関する過程を修めて卒業後、ダムまたは河川の管理に関し3年以上の実務経験者(土木工学以外は4年以上)
  3. 8年以上(うち、ダム管理業務が3年以上)の実務経験者

次に該当する者は受験することができません。

  • 1年以上の懲役又は禁錮の刑に処せられその刑を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者。

受講内容

●学科(択一式、○×式、記述式)

  • ① ダムに関する法律制度に関する事項
  • ② ダム及びその付帯設備並びにダムを操作するために必要な機械、器具等に関する事項
  • ③ ダム貯水池における水質汚濁、地すべり、堆砂等に対する対策に関する事項
  • ④ ダムを操作するために必要な気象及び水象に関する情報の収集及び解析並びにダムの操作に関する事項

●実技(3日間)

  • ① ダム管理用制御処理設備のシミュレータを用いたダム洪水時の操作実技
  • ② ダム管理に必要な予測計算、判断力等

合格基準

学科:満点中、70%以上の得点率で合格となります。
実技:満点中、70%以上の得点率で合格となります。


免除(科目等)について

前年度の学科試験に合格した者は、翌年に限り学科試験が免除されます。


願書申込み受付期間

●学科・・・4月上旬〜5月下旬頃まで
●実技・・・〜9月中旬頃まで


試験日程

●学科・・・8月上旬頃
●実技・・・10月上旬〜12月上旬予定
  (受験者3名の班編成で、各班毎に3日間実施。)

(講習会は7月下旬頃の2日間)


受講地

東京


受験料(税込み)

●学科・・・10,000円
●実技・・・46,000円

(講習会は35,000円)

合格後、登録には登録料10,000円


合格発表日

●学科・・・8月下旬〜9月上旬頃
●実技・・・翌年3月中旬頃


合格後の更新について

ダム管理技士の登録有効期間は5年間です。
登録を更新するには、5年ごとに所定の登録更新講習会を受講する必要があります。
●登録更新料:15,000円

また、ダム管理技士の資格は満70歳に達する年度の年度末をもって消滅します。


受講申込・問合せ

一般財団法人 水源地環境センター 試験担当 03-3263-9923

ホームページ

一般財団法人 ダム水源地環境整備センター


参考書・問題集

関連書籍はこちら


ダム管理主任技術者に関連する資格

ダム水路主任技術者