国家資格 コンクリート破砕器作業主任者

コンクリート破砕器作業主任者とは?

ビルの取り壊しや改築時などにコンクリート破砕器を用いて作業を行う際に作業者の作業方法や安全面などの監督・指導にあたる責任者です。
コンクリート破砕器のメーカーが機械を製造しないため、資格自体が廃止になったわけではありませんが、講習を行う予定自体がありません。
  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習と修了考査で取得できます。
就職先は? 土木・建設企業など
仕事内容は? コンクリートの破砕器を用いる作業において、作業の方法や作業の直接指揮、工具等の点検、安全帯や保護帽の使用状況などの監視・指導などを行います。
年収は? はつり工の平均年収は358.7万万円(賞与込)です。

平成30年 男性  給料


 

平成30年 女性  給料


平均年収:360.4万円
平均月収:28.8万円
平均時給:1,550円
年間賞与等:14.4万円
平均年齢:40.2歳
平均勤続年数:7.9年

 

平均年収:289.6万円
平均月収:20.7万円
平均時給:1,160円
年間賞与等:40.2万円
平均年齢:37.1歳
平均勤続年数:5.2年

(平成30年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

  1. 甲種火薬類製造保安責任者免状もしくは、乙種火薬類製造保安責任者免状を有する者又は、火薬類取扱保安責任者免状を有する者。
  2. 廃止前の保安技術職員国家試験の甲種上級保安技術職員試験、乙種上級保安技術職員試験又は、丁種上級保安技術職員試験に合格した者
  3. 旧保安技術職員国家試験の甲種坑外保安係員試験、丁種坑外保安係員試験、甲種坑内保安係員試験、乙種坑内保安係員試験、丁種坑内保安係員試験、甲種発破係員試験又は乙種発破係員試験に合格した者。

受講内容

  • ① 火薬類に関する知識(1時間)
  • 火薬類の分類
  • 組成
  • 性質及び用途
  • 火薬類の危険性
  • ② コンクリート破砕器の取扱いに関する知識(2時間)
  • コンクリート破砕器の保管
  • コンクリート破砕器の取扱い及び運搬
  • コンクリート破砕器の検査
  • 不良コンクリート破砕器の処理
  • ③ コンクリート破砕器を用いて行う破砕の方法に関する知識(4時間)
  • 破砕の準備
  • せん孔及び装てん
  • 結線
  • 配線及び導通試験
  • 点火
  • 不発の装薬及び残薬の点検及び処理
  • ④ 作業者に対する教育等に関する知識(1時間30分)
  • 作業者に対する教育及び指導の方法
  • 作業標準
  • 災害発生時における措置
  • ⑤ 関係法令(1時間30分)
  • 労働安全衛生法
  • 労働安全衛生法施行令(昭和四十七年政令第三百十八号)及び労働安全衛生規則中の関係条項
  • ⑥ 修了試験(筆記又は、口述試験)

免除(科目等)について

  • 甲種火薬類製造保安責任者免状もしくは、乙種火薬類製造保安責任者免状を有する者又は、火薬類取扱保安責任者免状を有する者は、@火薬類に関する知識、Aコンクリート破砕器の取扱いに関する知識、Bコンクリート破砕器を用いて行う破砕の方法に関する知識が免除。
  • 廃止前の保安技術職員国家試験の甲種上級保安技術職員試験、乙種上級保安技術職員試験又は、丁種上級保安技術職員試験に合格した者は、@火薬類に関する知識、Aコンクリート破砕器の取扱いに関する知識、Bコンクリート破砕器を用いて行う破砕の方法に関する知識が免除。
  • 発破技士免許または、電気発破技士免許を受けた者は、@火薬類に関する知識、Aコンクリート破砕器の取扱いに関する知識が免除。

願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


受講日程

実施先までお問い合わせ下さい。


受験地

長野、東京


受講料

実施先までお問い合わせ下さい。


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

公益社団法人 全国火薬類保安協会 03-5575-6605

ホームページ

公益社団法人 全国火薬類保安協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


コンクリート破砕器作業主任者に関連する資格

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者  発破技士