国家資格 特定高圧ガス取扱主任者

特定高圧ガス取扱主任者とは?

特定高圧ガスの知識をもって、安全管理、維持などを行う専門家です。
製造保安責任者免状(冷凍以外)又は第一種販売主任者免状をお持ちの方は必要ありません。(ただし、LPガスにあっては第一種販売主任者免状を除きます。)
  業務独占資格  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。講習と修了考査で取得できます。
就職は? 特定高圧ガスを規定以上貯蔵している事業所では取扱主任者の選任が義務付けられているため、有資格者に対するニーズは高く、給与や待遇面での優遇措置もあります。
仕事内容は? 特殊高圧ガス貯蔵所の保安にともなう維持、安全性を確保するための指導を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

制限なし


受講内容

圧縮水素、圧縮天然ガス、液化酸素、液化アンモニア、LPガス、液化塩素、
特殊高圧ガスの7種類に分かれており、それぞれ2日間の講習を受講します。


  • ① 法令(3時間)
  • ② 消費に必要な学識と保安管理技術(8時間)
  • ③ 修了考査

願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


受講日程

各地年1〜3回開催(予定)


受講地

北海道、宮城、東京、岐阜、愛知、大阪、広島、香川、福岡


受講料

各種類とも、10,600円


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

高圧ガス保安協会教育事業部業務課 03-3436-6102

ホームページ

高圧ガス保安協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


特定高圧ガス取扱主任者に関連する資格

高圧ガス販売主任者  高圧ガス移動監視者