民間資格 マンションリフォームマネージャー

マンションリフォームマネージャーとは?

マンションリフォームマネージャーとは、マンションリフォームおよび標準管理規約で定めるリフォーム工事に関して必要な知識・能力・経験を認定する資格です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
学科試験:47.2%
設計製図試験:41.3%
最終合格率:31.0%ほど。
就職は? 建築や設備業の設計・施工部門、建築設計事務所、住宅部品・建材メーカー、マンション管理部門など。標準管理規約で定めるリフォーム工事に関して専門的知識を持っている者として、ユーザーはもちろん管理組合等からも信頼を得やすくなります。
仕事内容は? 管理組合や近隣、施工業者との折衝などを行いながら、施主の要望に応じたトラブルのない良質なリフォームの企画・提案・実行を行います。

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限無し。


試験内容

●学科試験

□マンションリフォームに関する専門知識(4肢択一式:50問/120分)
  • ① 計画・基礎知識
  • 住宅建築に関する基本事項
  • マンションの歴史に関すること
  • マンションの計画に関すること
  • マンションリフォームに関する基本事項
  • ② 法規・規約・制度
  • 区分所有法(標準管理規約を含む)、マンション管理適正化法、建築基準法(用語の定義、申請・手続き、一般構造、避難施設、耐火構造・準耐火構造・防火区画等、特殊建築物等の内装、建築設備)、住宅の品質確保の促進等に関する法律、建築士法、建設業法、消防法、建設リサイクル法、省エネ法、消費者契約法その他のマンションリフォームに関する法令等
  • ③ マネジメント
  • 調査と診断、企画、見積と契約、施工管理、相談と紛争処理、資金計画、アフターケアその他のマンションリフォームのマネジメントに関すること
  • ④ 住戸内各部のリフォーム
  • 工事内容と材料・施工に関すること
  • 一般居室、水回り等におけるリフォームの設計・施工に関すること
  • マンションリフォームにおける高齢社会対応、シックハウス対策、省エネルギー改修、防犯性の向上等に関すること
  • ⑤ 設備のリフォーム
  • 住戸内設備と共用設備の基礎知識
  • 設備の経年劣化と管理・診断・清掃に関すること
  • マンション設備システムを構成する設備部品(配管を含む)に関すること
  • 設備リフォームの設計・施工に関すること

●設計製図試験(1問/180分)

  • ① マンション専有部分に係るリフォームの設計図書の作成
    (平面図および留意事項説明)

☆こんな問題が出ます


合格基準

●学科試験

下記の総得点及び各分野が合格基準点に達している場合、合格となります。

  • 総得点:250点満点中、150点以上。
  • 計画、基礎知識:50点満点中、25点以上。
  • 法規、規約、制度:50点満点中、25点以上。
  • マネジメント:50点満点中、25点以上。
  • 住戸内各部のリフォーム:50点満点中、25点以上。
  • 設備のリフォーム:50点満点中、25点以上。

●設計製図試験

  • ランクAと採点された者が、合格となります。
    (ランクAとはマンショのリフォームに係る企画提案等携わための総合的な能力を有するもの)

免除(科目等)について

学科試験もしくは設計製図試験のみ合格した場合、申請により、翌年、翌々年に限り、合格した科目が免除されます。


願書申込み受付期間

7月中旬〜8月下旬頃まで


試験日程

10月上旬頃


受験地

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡


受験料(税込み)

●学科試験+設計製図試験

14,300円


前年又は前々年に学科試験又はリフォームプランニング(設計製図)試験のどちらか一方に合格している方の場合

●学科試験のみ:11,000円
●設計製図試験のみ:11,000円


合格発表日

12月上旬頃


合格後の更新について

平成24年度から、新規登録および、更新登録制度は廃止となり、更新の必要がなくなりました。

学科試験と設計製図試験の両方に合格した方は、マンションリフォームマネジャーの称号を使用できます。


受験申込・問合せ

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 03-3261-4567


ホームページ

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター


参考書・問題集

関連書籍はこちら


マンションリフォームマネージャーに関連する資格

建築士  福祉住環境コーディネイター  マンション維持修繕技術者