民間資格 文章入力スピード認定試験

文章入力スピード認定試験とは?

文章入力スピード認定試験とは、パソコンの日本語ワープロソフト・英文ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力を測る試験です。

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
制限時間内に入力した純字数により以下の初段・級を認定。1ミスにつき10字減のペナルティがあるので入力には注意が必要です。
勉強時間は? 勉強時間は3級なら20時間〜。
ブラインドタッチをできるようになるまで少々時間がかかりますが、入力ミスをしないように注意しながら市販のタイピングソフトなどでタイピングの練習をましょう。1級以上は相当のスピードが要求されますので、TV出演者の発言をタイピングするなどの練習をする必要があります。
就職は? タッチタイピングは現在の会社では普通にできるものと考えられているためこの資格で直接就職にはつながりません。

関連ソフトはこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●日本語

試験時間内(10分間)に問題文どおりに入力する。
過去問題はこちら


●英語

試験時間内(10分間)に問題文どおりに(ストレートに)入力する。
各行末の改行位置も問題どおりとする
(行末でエンターキーを押し強制改行する
過去問題はこちら



合格基準

●日本語


制限時間内に入力した純字数により以下の初段・級を認定されます。
1ミスにつき1字減となるほか、書式において、1行の文字数が40文字でない場合または、1ページの行数が36行でない場合も減点となります。

特段・・・・2,000文字以上
初段・・・・1,500文字以上
1級・・・・1,000文字以上
準1級・・・・800文字以上
2級・・・・600文字以上
準2級・・・・450文字以上
3級・・・・350文字以上
4級・・・・250文字以上
5級・・・・100文字以上
6級・・・・50文字以上


●英語


制限時間内に入力した純字数により以下の初段・級を認定されます。また1ミスにつき2ストローク減となるほか、改行箇所、改ページ箇所は問題文どおりでない場合も減点となります。

特段・・・・4,000ストロークス以上
初段・・・・3,000ストローク以上
1級・・・・2,000ストローク以上
準1級・・・・1,600ストローク以上
2級・・・・1,200ストローク以上
準2級・・・・900ストローク以上
3級・・・・7ストローク以上
4級・・・・500ストローク以上
5級・・・・200ストローク以上
6級・・・・100ストローク以上


願書申込み受付期間

□個人受験

試験会場校によって異なりますので、各会場に直接お尋ねください。


□団体受験

  • ① 5月下旬〜6月中旬頃まで
  • ② 9月上旬〜中旬頃まで
  • ③ 10月下旬〜11月中旬頃まで
  • ④ 1月中旬〜下旬頃まで

試験日程

□個人受験

試験会場校によって異なりますので、各試験会場に直接お尋ねください。


□団体受験

  • ① 7月中旬頃
  • ② 10月上旬頃
  • ③ 12月上旬頃
  • ④ 2月下旬頃(年4回)

受験地

□個人受験

北海道、青森、福島、東京、茨城、埼玉、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、大分、宮崎、沖縄


□団体受験

本協会指定会場
(申し込みのあった各大学、各学校および教室が試験会場校となります。ただし、原則として受験者が10名以上であることを要します)


受験料(税込み)

●日本語・・・・1,200円

●英文・・・・1,200円


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

日本情報処理検定協会 052-936-3817


ホームページ

日本情報処理検定協会 文章入力スピード認定試験 日本語

日本情報処理検定協会 文章入力スピード認定試験 英文


参考書・問題集

関連ソフトはこちら


文章入力スピード認定試験に関連する資格

キータッチ2000テスト  ビジネスキーボード認定試験  タッチタイピング検定


文章入力スピード認定試験

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・