民間資格 リモート実務検定

リモート実務検定とは?

リモート実務検定とは、これからリモート業務を行う就活生、転職活動者、企業のため、リモート業務に関する必要な知識、ノウハウを身につける機会を広く提供し、これからの社会に適応する人材づくりに貢献するため、2020年9月5日に開始した資格です。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? 3級:★☆☆☆☆(やさしい)。
近年合格率は、70.8%。

この資格の書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●2級(未実施)


●3級

制限無し


試験内容

●2級(未実施)


●3級

多肢選択式(4択):50問/60分

□第1章
  • ① リモートワークとは
  • ② リモートワークの種類
  • ③ リモートワークに関する用語
  • ④ リモートワークが生まれた背景
  • ⑤ 政府機関によるリモートワーク普及に向けた取組み
  • ⑥ 地方自治体によるリモートワーク普及に向けた取組み
  • ⑦ 新型コロナウイルス対策によるリモートワークへの影響
□第2章
  • ① リモートワークを導入することのメリット
  • 企業側のメリット
  • 社員側のメリット
  • ② リモートワーク導入に必要な3要素
  • ③ リモートワークにおける適切な労務管理
  • 労働条件の明示
  • 労働時間の適正な把握
  • 中抜け時間
  • フレックスタイム制
  • 事業場外みなし労働時間制
  • 裁量労働制
  • 休憩時間
  • 時間外労働
  • 長時間労働
  • 労働安全衛生法の適用に関する留意点
  • 労働災害の補償
  • その他注意点
  • ④ リモートワークにおける適切な執務環境
  • ⑤ リモートワークにおける適切な情報通信システム
  • ICT環境構築の方法
  • リモートワークを効率化するツール
  • ⑥ リモートワークにおけるセキュリティ対策
  • リモートワークの方法と対策
  • 私用端末の利用
  • クラウドサービス
  • それぞれの立場からのセキュリティ対策
  • 経営者が実施すべき対策
  • リモートワーク勤務者が実施すべき対策
  • システム管理者が実施すべき対策
  • 情報セキュリティ保全対策の大枠
  • マルウェアに対する対策
  • 重要情報の盗聴に対する対策
  • 不正アクセスに対する対策
  • 外部サービスの利用に対する対策
  • ⑦ リモートワークにおけるメンタルヘルス対策
  • 環境面でのストレス
  • 仕事面でのストレス
  • メンタル不調を解消する方法

合格基準

●2級(未実施)


●3級

50点満点中、35点(70%)以上で合格となります。
また、45/50点以上でスペシャリストに認定されます。


身体上の障害等に係る特別措置について

「ハンディキャップ受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-5209-0552もしくは、E-mail:help@cbt-s.comに送付して下さい。


願書申込み受付期間

●2級(未実施)


●3級

随時


試験日程

●2級(未実施)


●3級

随時


受験地

全国各地のCBTソリューションズ試験会場


受験料(税込み)

●2級(未実施)


●3級

7,700円

事務手数料330円が別途必要になります。


合格発表日

受験終了後、即時
リモート実務検定合格者(リモート実務検定スペシャリスト合格者)に登録される方は、登録料として3,300円(税込)が別途必要です。


受験申込・問合せ

リモート実務検定協会 問い合わせフォーム

CBTソリューションズ 03-5209-0553


ホームページ

リモート実務検定協会

CBTソリューションズ


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら


受検するとき持っていると得する資格(挑戦予定順)