民間資格 珠算・電卓検定試験

珠算・電卓検定試験とは?

珠算・電卓検定試験とは、ソロバンや電卓を利用し、ビジネスの諸活動に必要な計算の基礎になる考え方や、実務計算処理能力を認定する資格です。4級〜6級は廃止されました。

その他情報

難易度は? 1級:★★☆☆☆(やや易しい)。
2級〜4級:★☆☆☆☆(やさしい)。
近年合格率は、
1級普通計算(珠算):50.4%
1級普通計算(電卓):82.6%
1級ビジネス計算:58.2%
2級普通計算(珠算):71.6%
2級普通計算(電卓):88.1%
2級ビジネス計算:83.6%
3級普通計算(珠算):67.2%
3級普通計算(電卓):85.0%
3級ビジネス計算:82.4%ほど。
主に商業高校の学生が受験しています。
就職は? この資格だけで就職は難しい。デスクワークにおいて合理的な計算処理ができることを認定されるので、経理部門に所属している人には有効な資格です。

この資格の書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●1級

□普通計算部門(珠算、電卓)(30分)
  • ① 乗算(5題)
  • ② 除算(5題)
  • ③ 見取算(5題)
  • ④ 伝票算(5題)
□ビジネス計算部門(30分)

1.共通問題(15題)

  • ① 単利計算
  • ② 手形割引計算
  • ③ 売買・損益計算
  • ④ 複利計算
  • ⑤ 減価償却費計算

2.選択問題(各項目:5題)

  • ① 福利年金計算
  • ② 証券投資計算
  • ③ 経営分析計算

●2級

□普通計算部門(珠算、電卓)(30分)
  • ① 乗算(5題)
  • ② 除算(5題)
  • ③ 見取算(5題)
  • ④ 伝票算(5題)
□ビジネス計算部門(20題/30分)
  • ① 割合の計算
  • ② 貨幣換算
  • ③ 度量衡の計算
  • ④ 単利計算
  • ⑤ 手形割引の計算
  • ⑥ 売買・損益の計算

●3級

□普通計算部門(珠算、電卓)(30分)
  • ① 乗算(5題)
  • ② 除算(5題)
  • ③ 見取算(5題)
  • ④ 伝票算(5題)
□ビジネス計算部門(20題/30分)
  • ① 割合計算
  • ② 貨幣換算
  • ③ 度量衡の換算
  • ④ 売買・損益の計算

☆過去問はこちら


合格基準

●1級〜3級

普通計算部門及び、ビジネス計算部とも100点満点中、70点以上で合格となります。

各級の部門どちらかが70点以上の場合は、部門合格となります。
その後、不足の部門について70点以上得られれば、当該級の合格となります。


願書申込み受付期間

  • ① 4月上旬〜中旬頃まで
  • ② 9月上旬〜中旬頃まで(年2回)

試験日程

  • ① 6月中旬頃
  • ② 11月中旬頃(年2回)

受験地

全国各地で実施


受験料(税込み)

●1級〜3級・・・・各部門:1,000円


合格発表日

試験施行後1か月以内。


受験申込・問合せ

公益財団法人 全国商業高等学校協会 03-3357-7911


ホームページ

公益財団法人 全国商業高等学校協会


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら


珠算・電卓検定試験に関連する資格

電卓計算能力検定  珠算能力検定(商工会)  珠算検定(全国商工連合会)