民間資格 IoTシステム技術検定試験

IoTシステム技術検定試験とは?

IoTシステム技術検定試験とは、IoTシステムに取り組む技術者のIoTシステム構築・活用に関する基礎から専門知識の習熟度を測ることを目的とした検定試験です。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? 基礎、中級:★★☆☆☆(やや易しい)。
上級:不明。
合格率は非公開。
テキストの内容を理解するようにしっかりと勉強をすれば、十分合格可能です。
就職は? 自動車メーカーや精密機器開発メーカーなどの製造業、IT企業など
仕事内容は? 最適な環境の構築、運用、サポート、組み込みソフトウェア関連業務やセンサデータから取得した情報の処理等、幅広い業務を担当します

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●上級

下記いずれか1つを満たしている者。

  • MCPC IoTシステム技術検定(中級)の合格者
  • 情報処理学会のCITP有資格者
  • 早稲田大学スマートエスイー修了者

●中級
●基礎

制限なし


試験内容

●1級

□[第1日目] 専門技術講習
  • ① IoTビジネスモデル設計(3時間)
  • ② IoTセキュリティ(1.5時間)
  • ③ AI活用によるIoTアプリケーション(1.5時間)
□[第2日目] 専門技術講習&論述式試験(15分)
  • ④ 最新技術動向(1.5時間)
  • ⑤ 試験(3時間)※※

※※試験内容
10業種(※1)から3つ出題。
そのうち1つを選んで論文構成項目の具体的内容と留意点を論述式(1,500〜1,800文字程度)で記述する。

(※1)

  • ① 環境・エネルギー
  • ② 運輸(交通・自動車等)
  • ③ 社会インフラ・公共設備
  • ④ 製造業
  • ⑤ 農林水産業
  • ⑥ 流通業(小売等)
  • ⑦ 医療ヘルスケア
  • ⑧ 建設・保全(家屋・ビル等)
  • ⑨ 自然環境(天気・防災等)
  • ⑩ サービス業(メディア等)

【論文構成】

  • 本当の顧客は誰か(A社など、仮名で具体的な業種と業務内容等)
  • 顧客が抱えている課題
  • 技術的な訴求点(技術活用は課題解決にどのように貢献するか)
  • ビジネス上の創出価値は何か

●中級(選択式:80問/90分)

  • ① IoTシステム構成と構築技術(5〜15%)
  • IoTシステムアーキテクチャ
  • IoTサービスプラットフォーム
  • ② センサ/アクチュエータ技術と通信方式(30〜35%)
  • IoTデバイス
  • ネットワーク
  • LPWA
  • プロトコル
  • ③ IoT活用技術(25〜30%)
  • ビッグデータ分析技術
  • 活用事例
  • ④ IoT情報セキュリティ対策技術(20から25%)
  • 脅威と脆弱性
  • セキュリティ対策技術
  • 情報セキュリティの標準と法制度
  • ⑤ IoTシステムのプロトタイピング技術(5から15%)
  • プロトタイピング活用

☆こんな問題が出ます


●基礎(選択式:60問/60分)

  • ① IoTシステム構成と構築技術
  • IoTシステムアーキテクチャ
  • IoTサービスプラットフォーム
  • ② センサ/アクチュエータ技術と通信方式
  • IoTデバイス
  • ネットワーク
  • LPWA
  • プロトコル
  • ③ IoTデータ活用技術(AI)
  • ビッグデータ分析技術
  • 活用事例
  • ④ IoT情報セキュリティ対策技術
  • 脅威と脆弱性
  • セキュリティ対策技術
  • 情報セキュリティの標準と法制度
  • ⑤ IoTシステムのプロトタイピング技術
  • プロトタイピング活用

☆こんな問題が出ます


合格基準

●上級
●中級
●基礎

いずれも合格点は非公開。


身体上の障害等に係る特別措置について

ハンディキャップをお持ちの方でも、状況に応じての対応が可能です。詳しくは、申込前に株式会社JJS Plus Test Centerまでお問い合わせ下さい。


願書申込み受付期間

●上級

  • ① 6月中旬〜7月中旬頃まで
  • ② 1月中旬〜2月上旬頃まで

●中級

  • ③ 5月中旬〜6月中旬頃まで
  • ④ 10月上旬〜11月中旬頃まで

●基礎

  • ③ 5月中旬〜6月中旬頃まで
  • ④ 10月上旬〜11月中旬頃まで

試験日程

●上級

  • ① 8月上旬頃
  • ② 2月下旬頃

●中級

  • ③ 7月上旬頃
  • ④ 12月中旬頃

●基礎

  • ③ 7月上旬頃
  • ④ 11月下旬〜12月下旬頃まで

受験地

●上級

東京


●中級

東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、仙台、さいたま、広島、福岡


●基礎

全国各地のJJSATC(JJSの認定テストセンター)


受験料(税込み)

●上級

  • MCPC IoTシステム技術検定(中級)の合格者・・・・55,000円
  • 情報処理学会のCITP有資格者・・・・33,000円
  • 早稲田大学スマートエスイー修了者・・・・33,000円

●中級

15,400円
(会員・協力団体の方は割引があります。 会員・協力団体一覧
会員:11,000円
協力団体:13,200円


●基礎

11,000円


合格発表日

●上級

実施団体まで、お問い合わせ下さい。


●中級

  • ③ 8月中旬頃
  • ④ 1月下旬頃

●基礎

  • ③ 8月中旬頃
  • ④ 1月下旬頃

受験申込・問合せ

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム MCPC検定事務局 03-5401-1735
問合せメール


ホームページ

MCPC検定試験 IoTシステム技術検定


参考書・問題集

関連書籍はこちら


IoTシステム技術検定試験に関連する資格

IoT検定  エンベデッドシステムスペシャリスト試験  技術士(情報工学部門)