国家資格 小規模ボイラー取扱者

小規模ボイラー取扱者とは?

小型ボイラーの操作、異常時の処置などの作業を取り扱う技術者です。
  業務独占資格  名称独占  実務経験なしで受験できる国家資格  講習プラス試験で取れる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
講習と修了考査で取得できます。その後、4か月の実務を経験すれば2級ボイラー技士の受検資格が得られます。
就職は? ボイラーを取り扱う関連会社に就職し、実務を積んで、ボイラー技士の資格にステップアップするのが昇給の早道です。
仕事内容は? 胴の内径が750mm以下・長さ1300mm以下の蒸気ボイラー、伝熱面積が3u以下の蒸気ボイラー、伝熱面積が14u以下の温水ボイラー、伝熱面積が30u以下の貫流ボイラーなどについての運転・停止などの取扱いを行います。
年収は? その他の定置・建設機械運転従事者の平均年収は408.8万円(賞与込)です。

2020年 男性  給料


 

2020年 女性  給料


平均年収:411.3万円
平均月収:29.0万円
平均時給:1,602円
年間賞与等:63.1万円
平均年齢:46.1歳
平均勤続年数:10.7年

 

平均年収:327.9万円
平均月収:23.3万円
平均時給:1,344円
年間賞与等:47.1万円
平均年齢:42.2歳
平均勤続年数:8.7年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受講資格

ボイラー取扱技能講習を修了した者。(免許は18歳以上になってから交付されます。)


受講内容

  • ① ボイラーの構造に関する知識(2時間)
  • 種類
  • 構造
  • 附属装置及び附属品
  • 自動制御装置
  • ② ボイラーの取扱に関する知識(4時間)
  • 使用中の留意事項
  • 附属装置及び附属品の取扱い
  • ボイラー水
  • 吹出し
  • ③ 点火及び燃焼に関する知識(3時間)
  • 燃料
  • 燃焼装置
  • 点火及び燃焼方法
  • ④ 点検及び異常時の処置に関する知識(4時間)
  • 点検箇所及び点検要領
  • 使用中における異常状態及びこれに対する処置の方法
  • 使用後の処置
  • 清浄作業
  • ④ 関係法令(1時間)
  • 労働安全衛生法
  • 労働安全衛生法施行令(昭和四十七年政令第三百十八号)、労働安全衛生規則(昭和四十七年労働省令第三十二号)、ボイラー及び圧力容器安全規則及びボイラー構造規格(平成十五年厚生労働省告示第百九十七号)中の関係条項
  • ⑤ 修了試験

免除(科目等)について

  • 鉱山保安法施行規則(平成十六年経済産業省令第九十六号)附則第二条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則(昭和二十五年通商産業省令第七十二号)第五条の汽かん係員試験に合格した者は、@ボイラーの構造に関する知識、Aボイラーの取扱いに関する知識、B点火及び燃焼に関する知識、C点検及び異常時の処置に関する知識が免除。
  • 鉱山保安法(昭和二十四年法律第七十号)第二条第二項及び第四項の規定による鉱山において、ゲージ圧力〇・四メガパスカル以上で使用する蒸気ボイラー又はゲージ圧力〇・四メガパスカル以上の温水ボイラーを取り扱つた経験がある者は、@ボイラーの構造に関する知識、Aボイラーの取扱いに関する知識、B点火及び燃焼に関する知識、C点検及び異常時の処置に関する知識が免除。

願書申込み受付期間

実施先までお問い合わせ下さい。


受講日程

地域ごとに異なります。実施先までお問い合わせ下さい。


受講地

各近隣の協会のにて受講。詳しくは、ホームページをご覧ください。


受講料

おおよそ12,230円〜19,148円。(テキスト代別途必要)
実施先により異なります。詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

  • 一般社団法人 日本ボイラ協会 東京支部 03-5425-7770
  • 一般社団法人 日本ボイラ協会都道府県支部

ホームページ

一般社団法人 日本ボイラ協会

一般社団法人 日本ボイラ協会都道府県支部


参考書・問題集

関連書籍はこちら


小規模ボイラー取扱者に関連する資格

ボイラー技士  ボイラー整備士