民間資格 BATIC(国際会計)検定試験

BATIC(国際会計)検定試験とは?

BATIC(国際会計)検定試験とは、国際コミュニケーションのための、ビジネスの共通言語としてのアカウンティングの習得レベルを認定する検定試験です。
2021年から試験のIBT化によりSubject2は廃止となり、単一級のスコアのみの認定となります。それに伴い、以前に取得したランクの「ブックキーパー」及び、「アカウンタント」は消失となり、「コントローラー」、「アカウンティングマネージャー」はランク自体は継続されますが、更新制度がなくなるため有効期限経過時点でランクは消失となります。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  自宅・ネットで取れる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
1000点満点で何点獲得できたかによって評価されます。IBT化によりSubject2は廃止となり、以前のランク付与はなくなり、400点満点のスコア制での認定となります。
制度変更前の認定率は、
コントローラーレベル:5.0%
アカウンティングマネジャーレベル:11.0%
アカウンタントレベル:46.0%
ブックキーパーレベル:27.1%
就職は? 外資の経理部門や外国と取引のある会社など。外資系企業が多くなっている現在、金融市場の自由化・インターネットの普及により国境を越えた資金調達や企業間取引が活発になっており、英文会計が必要になると思われます。一般的に派遣レベルならSubject1だけで対応できます。
仕事内容は? 財務諸表や税務申告書の作成、予算の作成、資金繰り、資金活用、経営判断などの会計知識を行います。

この資格の書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

□Subject1(70分)
  • ① 会計と簿記の基本概念
  • ② 取引と仕訳
  • ③ 仕訳帳と元帳
  • ④ 試算表
  • ⑤ 決算修正仕訳
  • ⑥ 棚卸資産と売上原価の会計処理
  • ⑦ 精算表と締切仕訳
  • ⑧ 財務諸表
  • ⑨ 基本的な前提とIFRS
  • ⑩ 財務諸表分析
  • ⑪ 内部統制
  • ⑫ 現金管理
  • ⑬ 資産と負債の会計処理

☆こんな問題が出ます



合格基準

400点満点中、得点に応じて、以下のレベルとして認定されます。

  • 90% 上級レベル
  • 80% 中級レベル
  • 50% 初級レベル

身体上の障害等に係る特別措置について

受験の際に配慮を希望される方を対象に、事前申請にて受験上の配慮を行っています。日常生活においてごく普通に使用している補聴器、ルーペなどを使用して受験する場合にも、受験上の配慮申請が必要です。


願書申込み受付期間

  • ① 6月下旬〜7月下旬頃まで
  • ② 11月上旬〜12月上旬頃まで

申込時には、電子メールアドレスが必要です。


試験日程

  • ① 7月中旬〜8月上旬頃まで
  • ② 11月中旬〜12月中旬頃まで

受験地

自宅などのインターネット環境がある場所。


受験料(税込み)

5,500円


合格発表日

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

東京商工会議所検定センター 03-3989-0777


ホームページ

東京商工会議所検定センター


参考書・問題集

資格をとるなら【BrushUP学びで無料資料請求】


この資格の書籍はこちら


BATIC(国際会計)検定試験に関連する資格

IFRS検定(国際会計基準検定)試験   簿記検定  簿記能力検定  公認会計士