公的資格 中小企業組合検定試験

中小企業組合検定試験とは?

中小企業組合検定試験とは、中小企業組合に従事する役職員の資質の向上を図るため組合制度、組合運営、組合会計について専門的な知識をもつ者を認定する資格です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は、44.6%ほど
就職先は? 中小企業組合、商工組合など。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

中小企業組合業務に従事している者。又はしようとしている者。


試験内容

□組合会計(2時間)
  • ① 簿記
  • ② 会計
  • ③ 税務

□組合制度(1時間20分)
  • ① 中小企業組織論
  • ② 中小企業基本法
  • ③ 中小企業等協同組合法
  • ④ 中小企業団体組織の法律
  • ⑤ 商店街振興組合法

□組合運営(1時間20分)
  • ① 組合運営通論
  • ② 共同事業運営論
  • ③ 中小企業関係諸施策
  • ④ 労務管理・労働法通論


3科目全て合格で中小企業組合検定の合格となります。


免除(科目等)について

3科目のうち、1科目又は2科目について合格している場合、申請により、科目合格後3年間はその科目が免除されます。


願書申込み受付期間

9月上旬〜10月中旬頃まで


試験日程

12月第1日曜日


受験地

札幌、青森、仙台、秋田、郡山、さいたま、東京、長野、静岡、名古屋、大阪、松江、
岡山、広島、山口、高松、福岡、長崎、大分、宮崎、那覇


受験料

5,000円(一部免除者は3,000円)
新規認定料は、13,000円
組合士認定後、5年ごとに認定更新を行う。(認定料は3,000円)


合格発表日

3月上旬頃
認定については3科目合格後、組合で3年以上の実務経験が必要です。


合格後の更新について

中小企業組合士の有効期間は5年間です。
更新するためには、原則として都道府県中央会で実施する講習会を5時間以上受講する必要があります。

●更新時の必要書類

  • 中小企業組合士認定更新申請書
  • 受講証明書(中小企業組合士認定更新申請書の裏面)
  • 中小企業組合士証
  • 更新手数料:3,000円

更新しなかった場合は、認定が取り消され、中小企業組合士台帳から登録が抹消されます。


受験申込・問合せ

全国中小企業団体中央会 03-3523-4907

ホームページ

全国中小企業団体中央会


参考書・問題集

関連書籍はこちら