民間資格 コンクリート技士・主任技師

コンクリート技士・主任技師とは?

コンクリートの製造や施工、検査および管理などに携わる技術者として必要な知識・能力を認定する資格です。「技士」は試験に合格した年度の翌年度から4年間、「主任技士」は登録した年度から4年間で、「登録証」には有効期限が記載されます。また、コンクリート技士、主任技士を取得すると、コンクリート診断士試験の「コンクリートの基礎知識に関する試験」が免除されます。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? コンクリート主任技師:★★★★☆(やや難しい)。
コンクリート技士:★★★☆☆(普通)。
近年合格率は、技士29.8%、主任技師12.1%ほど。
就職は? 建築関連企業。近代建築においてコンクリート造の建造物が増えている現在、コンクリート技士は必要不可欠とされており、需要は多い。
仕事内容は? 技士はコンクリート製造の各工程や検査を行い、主任技師は製造や研究に関わる計画・管理などを行います。

コンクリート技士の書籍はこちら    コンクリート主任技士の書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

技士・主任技士、共に学歴実務経験等により細かく規定されています。
詳しくはホームページをご覧ください。


試験内容

●技士

@コンクリート用材料の品質、試験・管理、
Aコンクリートの配(調)合設計、
Bコンクリートの試験、Cプラントの計画管理、
Dコンクリートの製造および品質管理、Eコンクリートの施工、Fその他、
G関係法令


●主任技士

@コンクリート用材料の品質、試験・管理、
Aコンクリートの配(調)合設計、
Bコンクリートの試験、Cプラントの計画管理、
Dコンクリートの製造および品質管理、Eコンクリートの施工、Fその他、
G関係法令、H小論文


合格基準

技士、主任技士とも、100点満点中、おおよそ70点以上で合格となります。
また、四肢択一問題と○×問題双方とも、70%以上の得点率が必要です。


願書申込み受付期間

8月上旬〜9月上旬頃まで(1部:1,000円/税、郵送料込み)


試験日程

●技士・・・・11月下旬頃
●主任技士・・・・11月下旬頃


受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄


受験料(税込み)

●技士・・・・8,640円
●主任技士・・・・10,800円


合格発表日

●技士・・・・1月中旬頃
●主任技士・・・・1月中旬頃
(各登録料5,400円/税込み)

登録の申込みは、原則として試験に合格した年度に行って下さい。登録受付期間は、1月中旬〜2月上旬まで


合格後の更新について

コンクリート技士・主任技士の登録有効期間は4年間です。
登録を更新するためには、有効期間の最終年度または、その前年度の4月(主任技士は11月)に行われる登録更新のための研修を受講する必要があります。
更新を行わなかった場合、登録が失効し、コンクリート技士」または「コンクリート主任技士」の称号を用いることができなくなります。


受験申込・問合せ

公益社団法人 日本コンクリート工学会 03-3263-1571

ホームページ

公益社団法人 日本コンクリート工学協会


参考書・問題集

コンクリート技士の書籍はこちら    コンクリート主任技士の書籍はこちら


コンクリート技士・主任技師に関連する資格

建築士  コンクリート診断士