民間資格 オラクル認定技術者制度

オラクル認定技術者制度とは?

オラクル認定技術者制度とは、世界で高いシェアと評価を受けているリレーショナル・データベースに関する技術者を認定する資格です。
  自宅・ネットで取れる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★★☆(やや難しい)。★★☆☆☆(やや易しい)。
合格率は非公開です。Gold以上はスクールなどを利用した方がよい。
就職は? システム関連企業や企業のシステム開発部門など。ITの進化に伴い、Gold以上を取得した高度な情報処理技術とデータベース技術を有する技術者の需要は非常に多く、就・転職の際に非常に有利で、今後もその傾向がますます強まる物と思われます。
仕事内容は? Oracle(PL/SQL)を使用した、開発業務、アプリケーション・サーバー構築、システムのデータベース管理及び保守・運用等を行います。
年収は? システム・エンジニアの平均年収は592.3万円(賞与込)です。

平成27年 男性  給料


 

平成27年 女性  給料


平均年収:611.1万円
平均月収:41.2万円
平均時給:2,383円
年間賞与等:116.2万円
平均年齢:38.6歳
平均勤続年数:12.1年

 

平均年収:494.3万円
平均月収:33.8万円
平均時給:2,079円
年間賞与等:87.5万円
平均年齢:34.8歳
平均勤続年数:10.1年

(平成27年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

参考書はこちら    問題集はこちら    スクールを探してみる
    
この資格を活かせる会社を見てみる@

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c

1Z0-051(11g SQL基礎)または、1Z0-017(Bronze SQL基礎I)または、1Z0-061(12c SQL基礎)に加えて、1Z0-065(Bronze DBA 12c)を取得で認定されます。

□【1Z0-051】 SQL基礎T(66問/120分/オンライン試験対象)
  • ① SQL Select文を使用したデータの取得
  • ② データの制限およびソート
  • ③ 単一行関数
  • ④ 複数の表からのデータの表示
  • ⑤ グループ関数を使用したデータの集計
  • ⑥ 複数の表のデータの表示
  • ⑦ 副問合せを使用した問合せの解決
  • ⑧ 集合演算子の使用方法
  • ⑨ データ操作
  • ⑩ DDL文を使用した表の作成および管理
  • ⑪ その他のスキーマ・オブジェクトの作成

□【1Z0-017】 Bronze SQL基礎I(40問/90分/オンライン試験対象)
  • ① 基本的なSQL Select文の作成
  • ② データの制限およびソート
  • ③ 単一行関数
  • ④ 複数の表からのデータの表示
  • ⑤ グループ関数を使用したデータの集計
  • ⑥ 複数の表のデータの表示
  • ⑦ 副問合せを使用した問合せの解決
  • ⑧ データ操作
  • ⑨ オブジェクトの作成および管理

□【1Z0-065】 12c SQL基礎(75問/120分/オンライン試験対象)
  • ① 概要
  • ② SQLのSELECT文の使用によるデータの取得
  • ③ データの制限とソート
  • ④ 単一行関数の使用による出力のカスタマイズ
  • ⑤ 変換関数と条件式の使用
  • ⑥ グループ関数の使用による集計データのレポート
  • ⑦ 結合の使用による複数の表のデータの出力
  • ⑧ 副問合せの使用による問合せの解決
  • ⑨ 集合演算子の使用
  • ⑩ DML文の使用による表の管理
  • ⑪ データ定義言語の概要

□【1Z0-018】 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database11g(73問/120分)
  • ① Oracleデータベース管理の概要
  • ② Oracleデータベースのインストールおよびデータベースの作成
  • ③ Oracle Enterprise Manager Database Express およびSQL管理ツールの使用
  • ④ Oracle Network環境の構成
  • ⑤ Oracleインスタンスの管理
  • ⑥ データベース記憶域構造の管理
  • ⑦ ユーザーおよびセキュリティの管理
  • ⑧ スキーマ・オブジェクトの管理
  • ⑨ バックアップおよびリカバリの実行
  • ⑩ データベースの監視およびアドバイザの使用
  • ⑪ Oracleデータベース・ソフトウェアの管理


●ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c

ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c認定後、1Z0-062 Silver DBA12c取得で認定されます。

□【1Z0-062】 Silver DBA11g(95問/150分)
  • ① Oracle Databaseのアーキテクチャの確認
  • ② Oracle Databaseの管理ツール
  • ③ Oracle Databaseインスタンス
  • ④ Oracleネットワーク環境の設定
  • ⑤ データベース記憶域構造の管理
  • ⑥ ユーザー・セキュリティの管理
  • ⑦ 領域の管理
  • ⑧ UNDOデータの管理
  • ⑨ データの並行性の管理
  • ⑩ Oracle Database監査の実装
  • ⑪ バックアップとリカバリの概念
  • ⑫ バックアップとリカバリの設定
  • ⑬ データベースのバックアップの実行
  • ⑭ データベースのリカバリの実行
  • ⑮ データの移動
  • ⑯ データベースのメンテナンスの実行
  • ⑰ パフォーマンスの管理
  • ⑱ パフォーマンスの管理: SQLチューニング
  • ⑲ データベース・リソース・マネージャの使用によるリソースの管理
  • ⑳ Oracle Schedulerの使用によるタスクの自動化
  • ㉑ Oracleソフトウェアのインストールの基礎
  • ㉒ Oracle Databaseソフトウェアのインストール ほか


●ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c認定後、
要履修コースを1クラス履修後、IZO-063 Gold DBA12cを取得し、
履修コース修了申請(自動処理)することで認定されます。

□要履修コース(1コース)

要履修コース


□【IZO-063】 Gold DBA12c(80問/120分)
  • ① Oracle データ保護ソリューション
  • ② 基本的なバックアップとリカバリの実行
  • ③ リカバリ能力の構成
  • ④ RMANリカバリ・カタログの使用
  • ⑤ バックアップ計画の実装
  • ⑥ バックアップの実行
  • ⑦ RMAN バックアップ・オプションの設定および非データベース・ファイルのバックアップの作成
  • ⑧ RMAN 暗号化バックアップの使用
  • ⑨ 障害の診断
  • ⑩ リストアおよびリカバリ操作の実行
  • ⑪ RMAN を使用したファイルのリカバリ
  • ⑫ Oracle Secure Backup の使用
  • ⑬ フラッシュバック・テクノロジの使用
  • ⑭ フラッシュバック・データベースの使用
  • ⑮ データの転送
  • ⑯ データベースの複製
  • ⑰ RMAN の操作の監視と調整
  • ⑱ マルチテナント・コンテナ・データベースとプラガブル・データベースのアーキテクチャ
  • ⑲ マルチテナント・コンテナ・データベースとプラガブル・データベースの作成
  • ⑳ CDB と PDB の管理
  • ㉑ CDB と PDB の記憶域の管理
  • ㉒ CDB と PDB でのセキュリティの管理 ほか

合格基準

1Z0-051:満点中、60%以上の正答率で合格となります。
1Z0-017:満点中、70%以上の正答率で合格となります。
1Z0-065:満点中、70%以上の正答率で合格となります。
1Z0-018:満点中、70%以上の正答率で合格となります。
1Z0-062:満点中、67%以上の正答率で合格となります。
IZO-063:満点中、60%以上の正答率で合格となります。


免除(科目等)について

移行パスに関する免除については、こちらをご覧下さい。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)


許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能


願書申込み受付期間

随時


試験日程

祝日を除く、月〜土曜日


受験地

全国のピアソンVUEの公認試験会場


受験料(税込み)

1Z0-051・・・・14,688円(14,688円)
1Z0-017・・・・14,688円(14,688円)
1Z0-061・・・・14,688円(14,688円)
1Z0-062・・・・28,728円
1Z0-063・・・・28,728円

()内はオンライン試験の価格です。
オンライン試験は、インターネット経由で受験する試験監督不在の試験で、2試験以上で構成されるエントリー資格の1試験に、オンライン試験を利用できます。
ピアソンVUEで申込み後、そのまま受験開始となります。

(注意)
オンライン試験合格のみで、資格を取得することはできません。資格取得に必要な残りの試験については、従来の試験監督付きの形態となります。
要履修コース・・・・コースにより価格が違います。詳しくはHPをご覧下さい。


合格発表日

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

ピアソンVUE 0120-355-583

ホームページ

日本オラクル
ピアソンVUE


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら    スクールを探してみる
    
この資格を活かせる会社を見てみる@


オラクル認定技術者制度に関連する資格

データベーススペシャリスト  シスコ技術者  XMLマスター  検索技術者検定


オラクル認定技術者制度

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・


Web/DTP・パソコン資格・プログラミング・ネットワークなど、初心者から個別指導で就転職まで徹底支援。好きな校舎や時間で通えます。